海賊と呼ばれた男は面白い?岡田准一とモデルの出光佐三とは?

 

今週土曜日から公開される話題作「海賊とよばれた男」はどんな作品なんでしょうか?面白いのかどうかやモデルとなった出光佐三さんの人物像や主演の岡田准一さんの彼女のことまで調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

海賊と呼ばれた男はどんなストーリー?

 

 

1945年、終戦後にほとんどの日本人が未来に希望を見いだせずに途方に暮れる中、国岡商会の店主・国岡鐡造(岡田准一さん)はひとりまっすぐ前を見つめていました。戦時中に行っていた中国や満州での海外事業はすべて失ってしまいましたが、それでも前進します。

 

 

1000人の従業員を誰ひとり解雇すること無く復興のために奮闘します。「仕事ならなんでもする」という信念を持ち、会社を維持させていきます。そんな時、旧日本軍のタンクの底に残った油を処理する仕事を請け負うことで石油事業に乗り出した国岡商会。

 

 

GHQや官僚などの国内外からの圧力を受けながら、海で漁船を待ち伏せして安価で石油を売るなど、機知に富んだアイデアと行動力で問題を乗り越えていきます。そんな努力が実り、会社は成長を遂げ、日本を代表する大企業にまで成長していきます。

 

 

戦後のボロボロの時代から高度成長期までの激動の時代に石油事業に従事し、日本人としての誇りを見せていきます。この作品は百田尚樹さんの小説「海賊とよばれた男」を主演岡田准一さん、監督・山崎貴さんで映画化したものです。

 

 

永遠の0のタッグが復活と言うことでとても注目されている作品です。この作品は出光興業の創立者・出光佐三さんをモデルにしています。実在された人物の生き様を描いたストーリーです。今回の映画も名作間違いなしですね。

 

 

 

主人公のモデルとなった出光佐三とは?

 

スポンサードリンク

 

名前:出光佐三(いでみつ さぞう)

 

 

生誕:1885年8月22日

 

 

死没:1981年3月7日(満95歳没)

 

 

出身:福岡県

 

 

出身校:神戸高等商業学校(今の神戸大学経済学部)

 

 

明治から戦後にかけての日本の実業家・石油エンジニア・海事実業家で、石油元売会社出光興産の創業者です。現在の神戸大学を卒業したのち、神戸で小麦粉と石油を扱う酒井商店に丁稚として入店しました。同級生達には馬鹿にされましたが、小さな会社でノウハウを得る、石油時代を予見していたと言われています。

 

 

海賊と言われた理由は、石油を売るのに、陸地では他の商会の縄張りがあり自由に売れない為に、海上で漁船を待ち構えて安く油を販売していたことからそう呼ばれていました。戦後は従業員をひとりも切らないと宣言して、仕事がなく、自宅待機している従業員にも給料を払い続けたそうです。

 

 

従業員を大切する情深い方で、世界を相手にひるむこと無く日本人としての誇りを大切にする男気のある人物だったそうです。

 

岡田准一の現在の彼女は宮崎あおい?

 

 

宮崎あおいさんの離婚理由は岡田准一さんとの不倫旅行ではないかと噂されています。その後、熱愛の噂が流れ、結婚も秒読みとささやかれていていました。しかし、最近では話題もあまり耳にすることがなく、破局の噂まで流れています。

 

 

しかし、別れたという確かな情報はなく、V6では長野博さんの結婚を待ってからという噂もあります。11月末に長野さんが結婚されたので、もしかしたら次は岡田さんの番なのかもしれませんね。

 

 

ファンの中では美男美女カップルと言うことで祝福する声もある中、やはり元々が不倫から始まった恋と言われているのでこのイメージがあって受け付けられないと思う人もいるようです。いずれにしても幸せになってもらいたいなと思いました!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です