スッキリのコメンテーター宇野常寛は評判が悪い?プロフィールや嫁も

 

木曜日のスッキリのコメンテーターを務めている宇野常寛さんをご存じですか?彼の評判やプロフィールなどを紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

宇野常寛は評判が悪い?

 

 

宇野常寛さんの評判を調べてみると、あまり良くないほうが多かったです。まずは、舛添さんが知事を辞任さたときのコメントがツイッターなどで炎上しました。発言について書いてみると、桝添さんの辞任理由が「バカバカしい理由」と言ったことです。

 

 

そしてマスコミ報道についても乗っかってガンガン報道しそれを大衆も喜んで聴いていた。と発言されました。これがどうやら炎上に繋がった良いです。しかし、一方で「正論だ」という意見もあり、議論を呼びました。

 

 

スッキリではたびたびMCの加藤浩次さんと意見がぶつかることがあり、加藤浩次さんは怒り心頭だったということでした。他にもスタジオを凍り付かせてしまうような発言を繰り返しているようです。そのためコメントをカットされてしまうこともあるようで、本人がカットされてしまったことを語っておられました。

 

 

批判されている一方、歯に衣着せぬ姿勢に好感を持つ人もおられ、すっきりでの発言を楽しみにしている人もいます。彼の発言を生で聴いたことが無い方は一度見てみるのも面白いかもしれませんね。

 

宇野常寛のプロフィールと経歴は?

 

スポンサードリンク

 

ペンネーム:宇野常寛(うの つねひろ)本名非公開

 

 

生年月日:1978年11月17日(38歳)

 

 

最終学歴:立命館大学

 

 

出身:青森県八戸市

 

 

函館ラ・サール高等学校を卒業後、浪人生活を経て立命館大学文学部に進学されました。卒業後は会社員生活を送りながら「第二次惑星開発委員会」を立ち上げ、2005年12月にミニコミ誌「PLANETS」を発刊されました。

 

 

デビュー評論「ゼロ年代の想像力―失われた10年の向こう側」という作品を「SFマガジン」で連載ののちに、単行本を発売されました。2011年4月から東京大学教養学部で自治会自主ゼミ「現代文化論」を担当、2011年の秋学期は明治学院大学で「現代文学論」を担当され、2013年4月から京都精華大学非常勤講師、2015年4月からは立教大学兼任講師を務めています。

 

 

日本テレビ「スッキリ!!」の木曜コメンテーターは2015年の4月から務めています。

 

 

著書も多数あり、毎日新聞、東京新聞。産経新聞、中央公論、サイゾー、小説トリッパー、新潮、週刊東洋経済、ダ・ヴィンチなどで連載経験もあります。

 

奥さんはどんな人?

結婚されていることはスッキリ!!で公表をされています。この話を聞いた出演陣は驚いていたそうです。本人も「よくびっくりされるんです。」とコメントされています。

 

 

ご結婚されて8年ほどだそうです。調べてみましたがどんな人なのか?ハッキリはわかりませんでした。恐らく一般の方なのでどんな人が公表されていないと思われます。結婚された時期を考えてみると、ちょうど「PLANETS」を発行されている時期でした。

 

 

忙しく、まだまだ仕事的には安定はしていなかったであろう時期でしたが、ご結婚されています。奥さんもいろいろ不安もあったかと思いますが、彼を支えていこう!思ったのかもしれませんね。

 

 

全く情報がなくてミステリアスな感じもしますが、宇野常寛さんのキャラ的にこれからも奥さんのことを話すことはなさそうなので、ますます気になりますね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です