君と100回目の恋のキャストと役名は?あらすじとラストの予想も

 

みなさん「君と100回目の恋」、もうチェックされましたか?

 

「君と100回目の恋」は、2017年2月4日に全国ロードショーされるメディアミックス系映画で、シンガーソングライターのmiwaさんと坂口健太郎さんのダブル主演が話題となっています。

 

 

まだチェックしていないという方、ぜひこの機会にチェックしてみてください!キャストとその役名、あらすじ・ラストや予想も紹介!

 

スポンサードリンク

 

君と100回目の恋のキャストと役名は?

 

 

映画「君と100回目の恋」の主演は、先述の通りシンガーソングライターのmiwaさんと、モデルとして、新進気鋭の若手俳優として活躍する坂口健太郎さんです。

 

 

2016年4月28日に発売された週刊ヤングジャンプの連載を読まれた方は既にご存知でしょうが、主人公の男女「日向 葵海」と「長谷川 陸」を、miwaさんと坂口健太郎さんが演じられています。

 

 

miwaさんファンはご存知かもしれませんが、実はmiwaさんは過去に「彼女は嘘を愛し過ぎてる」というマンガが原作の映画のオーディションを受け、書類審査で落とされたという過去をお持ちです。

 

 

この映画の主演を見事射止めたのは皆さまご存知、大原櫻子さんですがその過去を考えるとmiwaさんは少女漫画原作の映画に出たいという意思が強い方なのかもしれません。

 

 

君と100回目の恋のあらすじ

 

 

既にマンガでストーリーが公開されている「君と100回目の恋」なのであらすじをご存知な方も多いのではないかと思います。

 

 

そして、映画が公開される2017年2月4日の前、2016年12月16日には小説「君と100回目の恋」も発売されるため、皆さんが映画を観るころにはあらすじはほぼほぼ分かってしまっている、ということになるのかもしれませんがメディアミックスの面白さは、それぞれが少しずつ異なることなので、その違いを楽しみべきかもしれません。

 

 

大まかなあらすじは、高校生の主人公男女2人。2人はお互い好きと言い出せない幼なじみ、女の子の方の寿命が決まっていて、とても若いうちに死んでしまう。男の子は叔父さんから譲り受けた時間を超える力(タイムリープ)を持っている。

 

 

お互い好きと言い出せないうちから男の子は好きな女の子の命を守るため時間を戻すことを繰り返す、それでも変えられない彼女の寿命。彼女に好きと伝え、両想いとなっても帰られない彼女の寿命。いったいどうすれば2人はハッピーエンドになれるのか?!といった感じです。

 

 

あらすじにしてしまうと少女趣味の陳腐なお話しみたいになりますが、思春期、青年期の男女の友情、恋心、葛藤などなど甘酸っぱいディティールがたくさん散りばめられていて、涙なしには観られない(読めない)展開となっているんです。

 

 

君と100回目の恋のラストを予想してみた

 

スポンサードリンク

「君と100回目の恋」マンガ版、私は読んでいないので実際のところは分かりませんが、どうやっても変えられない未来と彼女の寿命、少しの勇気で変えられる未来が描写されながら、結局最後まで彼女の寿命は変えられない?!という雰囲気で終わっているようです。

 

 

小説は12月16日発売なので、まだどういった結末か分かりませんが作者は下川香苗さんなのでかなり劇的な結末が用意されているのではないかと思います。(下川香苗さんは、「天使なんかじゃない」「ご近所物語」「NANA」「天然コケッコー」「君に届け」「有閑倶楽部」など沢山のマンガの小説家として活躍されています。)

 

 

「君と100回目の恋」、いったいどんな結末なのか・・・勝手な予想では、主人公の葵海は陸と100回目の恋をした後に運命には逆らえずに死んでしまう。(事故や病気など死因問わず)

 

 

葵海が亡くなり悲しみに暮れる陸、タイムリープなんて力や道具を持っていても彼女が生きていないのであれば何の意味もない!と、最後に葵海と過ごした日々に時間を戻した後、その道具を壊してしまう。

 

 

そして葵海が死ぬと決まっている運命の日、陸はもうタイムリープできない、これで二度と葵海の笑顔を見ることはできないと腹を括って1日を過ごし、葵海は予定通り事故(発作さでもよい)にあってしまう。

 

 

「やっぱり、これで終わりだ」と諦める陸の目の前で、無駄なことだと分かっているのに救急車で運ばれていく葵海、(どうせ助からないのに・・・)と崩れる陸。

 

 

しかし、その数時間後病院から「葵海が一命をとりとめた」という連絡が陸に届く、にわかには信じられない陸だが、急いで病院に駆けつけてみるとそこには、ベッドに横たわってはいるものの数時間前と変わらない笑顔の葵海の姿が。

 

 

そう、葵海の運命、寿命を変えられない一番の原因は陸が持っていたタイムリープという力だったのだ、それを捨てた2人には新しい未来が用意された。

 

 

といった感じですかね。

 

 

タイムリープに思春期男女群像劇、誰もが感動できる題材がそろった「君と100回目の恋」、公開が楽しみですね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です