二月十八日生まれの有名人は?今日は何の日で誕生花や記念日は何?

 

喫煙者は肩身が狭くなるばっかりな日かも?この記事では二月十八日生まれの有名人や今日は何の日でどんな出来事があった日か、誰の誕生日なのか、誕生花なんかも紹介していくね!

 

スポンサードリンク

 

2月18日は何の日?何の記念日?

 

2-18

 

最新型の空気清浄機が注目を集める時代、タバコの煙は嫌がられるよね。

 

 

1978年のこの日に東京で「嫌煙権確立をめざす人びとの会」っていうのが設立されて、嫌煙運動の日になってるんだよ。

 

 

「嫌煙権」ってものものしい感じもするけど、「日照権」をヒントに作られたんだって。

 

 

普通の手紙でも特別な感じがするけど、エアメールなんてデザインまでかっこよく見えちゃうよね。

 

 

1911年のこの日にインドの博覧会イベントで、飛行機で郵便物が届けられたのが始まりの「エアメールの日」。

 

 

海外からの手紙ってイメージだけど、エアメールって空を飛んだ手紙って意味だったんだね。

 

 

他にも、冥王星の日方言の日なんていう記念日もあるよ。

 

 

1930年にアメリカのローウェル天文台で発見された冥王星、暗い星だからギリシャ神話の冥府の神さまに因んでplutoって名づけられてるんだよ。

 

 

2006年に惑星の定義から外れるって聞いたときは、何だか残念に感じたよね。

 

 

方言の日は鹿児島県の大島地区文化協会連絡協議会が、奄美地方の方言を保存・伝承するために制定したんだって。

 

 

方言の日を奄美大島では「シマユムタの日」、与論島では「ユンヌフトゥバの日」って、方言って本当に独特の文化なんだよね。

 

 

2月18日の誕生花は?

 

2月18日の誕生花はキンポウゲアルストロメリアなんて花があるよ。

 

 

キンポウゲは日当たりの良い山野で、初夏に小さい黄色や白色の花を咲かせるのが一般的かな。

 

 

5枚の花びらでお花だけが、風にゆらゆら揺れるような可愛らしさ。

 

 

花言葉は「子供らしさ」「栄誉」「無邪気」とイメージにぴったりだよね。

 

 

アルストロメリアは色も豊富で、花屋さんでも切花としてよく売っているお花だね。

 

 

百合水仙(ゆりずいせん)って別名もあるように、小さいユリの花が一本に数りん咲いたようになるよ。

 

 

花言葉に「持続」ってあるくらい、花持ちのいいお花っていうもの嬉しいポイント。

 

 

「未来への憧れ」「エキゾチック」って花言葉もお花の華やかさを感じるよね。

 

 

2月18日の有名人の誕生日は?

 

スポンサードリンク

戦国時代の有名な武将、越後の虎や越後の龍、軍神とも言われた上杉謙信

 

 

世界でもっとも有名な日本人女性なんていわれる、オノ・ヨーコさんもこの日。

 

 

「好きな女性アナウンサーランキング」で殿堂入りまでした、フリーアナウンサーの高島彩さんもいるよ。

 

 

2月18日の出来事は?

 

北海道の冬の風物詩でもあり、日本だけじゃなく海外からも観光客がやってくる北海道の大イベント。

 

 

「さっぽろ雪まつり」の第1回が、1950年の2月18日に開催されたんだって。

 

 

巨大な雪像や滑り台、雪の展示が見所のひとつになってる雪まつりだけど、最初の雪まつりでは5~6基程しか作られていなかったんだって。

 

 

どんどん大きく凝ったものが作られるようになって、最近ではライトアップも幻想的で豪華。

 

 

第1回のときには、200万人を越すイベントに成長するなんて思ってなかったかもしれないね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です