ドラマ東京タラレバ娘の原作の結末や感想は?視聴率の予想も

 

東京オリンピック…その時あなたは1人?

 

 

もうすぐ2016年も終わりに差し掛かり、来るべき2020年の東京オリンピックまであと3年程…。

 

 

妙齢の方の中には、「オリンピックまでには結婚したい…」と思っている方もいるのではないのでしょうか?

 

 

そんな思いを馳せる3人が奮闘する、東村アキコさんの漫画「東京タラレバ娘」がなんと、来年1月よりドラマ化決定です!

 

 

今回はこの作品について原作の結末や感想を書いていきますね。

 

スポンサードリンク

 

東京タラレバ娘の原作の結末は?

 

 

さて、この「東京タラレバ娘」ですが、現在講談社「Kiss」にて連載中のため、まだ完結はしていません。

 

 

なので、原作はどんな話なのか?を簡単に説明していきますね。

 

 

主な主人公は、倫子、香、小雪の3人娘。

 

 

彼女たち3人は、「人生の主役はもはや自分たちではない」と薄々感じつつも、居酒屋「呑んべえ」で女子会を繰り広げる日々。

 

 

この3人の恋愛模様が作品内の主軸となっていきます。

 

 

そしてそんな彼女たちのことを「タラレバ女」と呼び軽蔑する、若手モデルのKEY(鍵谷春樹)。

 

 

彼女たちの恋はどうなっていくのか?そして倫子はKEYとどうなっていくのか?と言うのが、原作の主な内容です。

 

 

ちなみに、各キャラを簡単に紹介すると、こんな感じです。

 

 

 

 

倫子

 

 

おかっぱ頭で小柄、ドラマの脚本家として活動している33歳。

 

 

10年前、同僚だった早坂さんに結婚を前提に交際を申し込まれたが、断ってしまっている。

 

 

 

 

 

 

倫子の高校時代からの親友。

 

 

表参道でネイルサロンを経営しており、美人でスタイルも良い。

 

 

 

 

小雪

 

 

倫子の高校時代からの親友。

 

 

原宿にある居酒屋「呑んべえ」の娘。

 

 

男に媚びない姉御肌な性格で、料理が上手い。

 

 

 

KEY(鍵谷春樹)

 

 

居酒屋「呑んべえ」の常連客である金髪の若手モデル。

 

 

倫子の脚本ドラマに出演予定だったが、夢見過ぎなつまらないドラマだと批判し、倫子が降板することになった。

 

 

過去に結婚していたらしい。

 

 

 

 

…が、女性陣3人は、作中では「かなり」難ありな恋愛をしてしまうことになります。

 

 

倫子は10年前に振ってしまった早坂さんとの交際を期待するも、向こうの目当ては自分の後輩だったことを知り絶望。

 

 

香は以前交際していたバンドマンと再会、その彼が有名アーティストになっていたことに喜びます。

 

 

しかし、現在彼女がいる彼には、都合よく遊ばれているだけの関係。

 

 

小雪はいけないことと知りつつも、家庭のある男性との不倫関係に陥ってしまう。

 

 

…と、文章だけではかなりキッツイ内容です。

 

 

しかしこの作品の凄い所は、そこを感じさせる描写以上に、主人公たちの勢いが凄い!と言うところです。

 

 

緊急事態(主に仕事の愚痴・恋愛関係など)には、「第(1~4)招集!」などと言った一言で女子会開始。そして飲む。凄く飲む。

 

 

傷心の際にはカラオケで歌いまくる(ただし最新の歌は無理)。とにかく歌う。

 

 

辛い現実と、それに負けない勢いの、彼女たちのバイタリティとのギャップが、この作品の大きな魅力なのではないかと思います。

 

 

これをドラマでどこまで再現できるかが、このドラマの鍵となるかと思います。

 

関連:東京タラレバ娘の鈴木亮平(早坂役)の結婚相手はどんな人?筋肉の画像も

 

東京タラレバ娘の原作の感想や評価は?

 

スポンサードリンク

ドラマ放映前にまずは原作の評価はどうなの?と言いますと、

 

 

 

 

このマンガがすごい!(2014年) – オンナ版・第2位

 

 

雑誌『an・an』編集部員が選ぶ「第6回an・anマンガ大賞」(2015年)

 

 

2015年度コミックナタリー大賞 – 第4位

 

 

 

 

と、中々の高評価となっております!

 

 

特に女性を中心とした人気があるみたいですね。

 

 

男性の私も読みましたが、これは面白いと思いますよ!

 

 

個人的には、「かくかくしかじか」と、「ママはテンパリスト」もおすすめです!

 

関連:東京タラレバ娘の石川恋(芝田マミ役)は可愛いけど彼氏はいるの?画像も

 

視聴率はどうなる?

 

 

ドラマと言えば、気になるのは視聴率ですよね。

 

 

かと言って、まだ放送開始されていない作品の視聴率なので、あくまでも「予想」にはなってしまいますが…

 

 

まずは、放送予定である時間帯の視聴率から見ていきましょう。

 

 

この時間帯には過去、「世界一難しい恋」や、「家売るオンナ」が放送されていました。

 

 

ちなみに、この2つの作品の平均視聴率は…と言いますと、

 

 

 

 

「家売るオンナ」平均視聴率 11.6%

 

 

「世界一難しい恋」平均視聴率 12.9%

 

 

 

 

となっています。

 

 

高視聴率が狙える時間帯に加え、原作をどのように再現できるか次第では、もしかしたらかなりの高視聴率を狙えるのではないでしょうか?

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

原作はまだ完結していないだけに、ドラマではどのような結末が待っているのか?

 

 

そして彼女たちは最後には全員幸せになれるのか?

 

 

要注目の来年の新ドラマ、「東京タラレバ娘」は、2017年1月18日(水)22時より放送開始です!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です