ラジオの速水健朗は結婚してる?経歴やプロフィールと画像も

 

ラジオの速水健朗さんをご存じですか?結婚しているのでしょうか?テレビでコメンテーターをしている姿を見たことがあるかたも多いかと思います。経歴やプロフィール、著書や出演番組など調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

速水健朗は結婚してる?

 

 

速水健朗さんを調べてみると、結婚というワードが出てきます。彼は結婚されているのでしょうか?調べてみましたが結婚しているという事実は出てきませんでした。

 

 

結婚をキーワードに調べてみると、結婚についてツイッターでつぶやいているものしか出てきませんでした。しかし年齢を調べてみると現在43歳。結婚していてもおかしくない年齢ではあります。

 

 

一般の方と結婚されているので公表していないというパターンかもしれませんね。

 

速水健朗の経歴とプロフィール

 

名前:速水健朗(はやみず けんろう)

 

 

生年月日:1973年11月9日(43歳)

 

 

出身:石川県金沢市

 

 

最終学歴:東海大学

 

 

職業:ライター・編集者

 

 

東海大学在学中より、アルバイトしていたアスキーにて契約編集者を務められた後に、2001年からフリーの編集者・ライターに転身されました。2007年に「タイアップの歌謡史」で単著デビューをされ、2008年の「ケータイ小説的。」ではケータイ小説を郊外社会とヤンキー文化の関連性という視点から考察されました。

 

 

コンピューター関連の編集者出身ですが、メディア論、都市論から音楽、文化、格闘技まで幅広い分野で執筆編集活動を行っておられます。他にも政治やジャニーズなども執筆されています。

 

 

そして造語も2つ作っています。モータリゼーションをもじった造語で、消費社会において都市のさまざまな場面がショッピングモール化し、両者の境界が曖昧かしていくことを表す言葉で「ショッピングモーライゼーション」という言葉と、1990年代以降の日本における、デフレーション・不況が定着した状況下に適応する形で生まれた文化の事を表す言葉で「デフレカルチャー」というものです。

 

関連:高橋万里恵(ラジオ)のいってらっしゃいがかわいい?旦那や水着画像はある?

 

速水健朗の著書と出演情報は?

 

スポンサードリンク

 

速水健朗さんの著書を調べてみました。単著では上記で紹介した「タイアップの歌謡史」の他に「自分探しが止まらない」や「ラーメンと愛国」「都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代」「1995年」「フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人」などがあります。

 

共著にはビジネス関係のものや、ジャニーズ文化論、バンドのことなど様々な分野の本を出版されていました。

 

次に出演番組を調べてみました。2012年度はNEWS WEB 24 のコメンテーターを務めていました。他にもコメンテーターとして出演している番組がありました。「文化系トークラジオLife」や「新・週刊フジテレビ批評」「シューイチ」などです。

 

 

あとは、「あしたのコンパス」という番組や、「TIME LINE」というラジオ番組、「速水健朗のクロノス・フライデー」で金曜パーソナリティーを務められています。

 

 

このクロノスフライデーという番組は、2016年4月から放送されているラジオ番組で、クロノスというタイトルはギリシャ語で「時」を表す言葉です。この番組のテーマは「今僕たち私たちの時代に何が起きているのか?何が変わろうとしているのか?」ということだそうです。速水健朗さんは、この番組内で気になるニュースについて解説するコーナーなどを放送されています。

 

 

ブログを見てみると、難しそうな内容かと思いきやとてもわかりやすく面白い話が書いてありました。気になった方はラジオや出演番組、ブログなどチェックしてみてください!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です