あさイチの能年玲奈(のん)が声優の映画この世界の片隅には面白い?

 

NHKあさイチのゲスト能年玲奈(のん)が声優として出演しているアニメ映画「この世界の片隅に」を知っていますか?今意外に話題になっている様ですが能年玲奈の声優が上手いのか?映画「この世界の片隅に」が面白いのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

アニメ映画「この世界の片隅に」とは

 

 

今、新海監督の「君の名は」が大ヒットしていますが、世間を騒がせた「あまちゃん」の能年玲奈こと、のんさんが声優を務めるアニメ映画「この世界の片隅に」が話題となっています。ではどういう映画なのでしょうか?簡単に説明させていただきます。

 

原作 : こうの史代

監督・脚本 : 片渕須直

主題歌「みぎてのうた」コトリンゴ

 

あらすじ

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。

良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。

 
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

 

 

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

 

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

 

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

 

公式サイトより

 

 

 

 

能年玲奈(のん)の現在は?

 

スポンサードリンク

 

芸能界から一度いなくなった能年玲奈ですが名前をのんに変えて戻ってきました。そんな彼女は声優としてアニメ映画「この世界の片隅に」の主役の北條すずを演じています。評判も凄くいいようです。

 

広島弁も違和感なく主人公のキャラはのんしかいないと言われている様ですね。この映画ははじめ、のんが出るということでどのメディアも報道しなかったという陰謀説みたいなものが噂されています。

 

資金面については「君の名は」のように東宝が全面バックアップするのではなく、制作資金をクラウドファンディングで集めています。それにも拘わらず大ヒットというのは映画自体がおもしろいのか、主人公を演じる「のん」のちからなのか。

 

 

のん:本名は能年玲奈(2016年7月からのんに改名)

 

生年月日:1993年7月13日生れ(23歳)

 

出身:兵庫県特技:絵を描くこと(映画の主人公みたい)

 

身長:162cm

 

今回の映画が改名後の本格的な仕事となります。騒動前のあまちゃんも大ヒットでしたが、のんには凄い才能があるのかもしれませんね。今回あさイチにも出演ということで今後どんどんテレビに出てくるかもしれませんね。
2017年は活躍しそうです。最近発売された本がありました。気になる方は要チェックですね。

 

 

のんさんの公式サイト

 

 

監督はこの方 ↓

 

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です