あさイチ山本和男医師のプロフィールは?横隔膜呼吸や勤務先の病院も

 

2017年が始まりましたが、年末年始の慌ただしさに体調を崩してしまった方もいるのではないでしょうか?そんな体調不良を未然に防ぐ方法として「横隔膜呼吸」を提唱されている医師の山本和男さんがNHKのあさイチに出演します。今回はそんな彼のプロフィールや横隔膜呼吸について、また勤務先の病院も調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

山本和男のプロフィール

 

 

山本医師の経歴ですが、主に下記のようになっています。

 

 

名前:山本和男(やまもとかずお)

 

役職:東京都立広尾病院医師・呼吸器科部長

 

 

取得資格一覧

 

医学博士

 

日本内科学会総合内科専門医

 

日本呼吸器学会専門医・指導医

 

日本がん治療認定医機構認定医

 

日本化学療法学会抗菌化学療法認定医

 

日本医師会認定産業医

 

 

山本医師の病院の場所はどこ?

 

 

 

2017年1月現在、山本医師は東京都立広尾病院にて勤務されています。

 

病院の公式サイトを見ると、山本医師は主に月・水・金曜日に勤務されているようですね。

 

 

東京都立広尾病院

 

〒150-0013

 

東京都渋谷区恵比寿2-34-10

 

TEL:03-3444-1181(代表)

 

 

山本和男の横隔膜呼吸とは

 

スポンサードリンク

 

では今回の記事のキモとなる、山本和男医師が推奨している「横隔膜呼吸」とは一体、どのようなものなのでしょうか?

 

この「横隔膜呼吸」、正式名称は「胸腹式横隔膜呼吸」と言います。

 

乱暴に言ってしまえば、「横隔膜」と言う筋肉の「筋トレ」と言ったイメージでしょうか?

 

詳しい話は省いて、まずは簡単にやり方を説明します。

 

 

ステップ1

 

鼻から空気を胸いっぱいに吸い込みます。5秒間かけて行って下さい。(呼気相・胸式呼吸)

 

 

ステップ2

 

そのまま息を5秒間留めます。(留気相・横隔膜呼吸)

 

 

ステップ3

 

最後に10秒かけて、鼻からゆっくり息を吐いて行きます。(呼気相・腹式呼吸)

 

 

主にこの3ステップを行うと言った、非常にシンプルなものです。

 

特に難しい項目はなく、「長い深呼吸」と言うイメージ…でしょうか?

 

一見大したことのないように思われるでしょうが、これを行うことによる効果は「絶大」です。

 

具体的にどのような効果が期待されるかと言いますと…

 

 

・脳への酸素供給量を増加するため、頭が冴える。

 

・副交感神経も刺激し、ストレスを軽減させるため、心臓への負担が軽減される。

 

・呼吸回数そのものが減るため、血中二酸化炭素濃度が増加、脳内のセロトニン分泌が刺激。それにより心の安定がもたらされる。

 

・白血球への酸素供給量の増大や心の安定により、免疫力が高まる。

 

・感染性や悪性腫瘍の予防ができる体作りに貢献。

 

 

更には、この呼吸法では胃腸も刺激されるため、消化器系の働きの改善にも繋がります。

 

便通が良くなり、宿便などを排泄するデトックス効果でお肌が綺麗になるなどのダイエット・美肌効果も充分期待できます。

 

とにかく私が言いたいのは、「やってみて損はしない」と言うことです。

 

事実、2015年にフェンシング世界選手権で優勝した太田雄貴さんも、その効果を実感されているようです。

 

椅子に座りながらも出来ますので、普段デスクワークの方にもおすすめですよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は情報が少ないため、あまり詳しく紹介し切れなかった部分も多くなってしまいました。

 

そんな「もっと知りたい!」と言う方に朗報です。

 

2017年1月10日放送の、「あさイチ(NHK)」に山本医師が出演されます!

 

今回取り上げた「横隔膜呼吸」を、今回私が書いた以上に詳しく取り上げてくれるようです。

 

番組紹介の中で個人的に注目なのは、「体調の劇的な改善が期待できる、1日5分の簡単トレーニング」と言う箇所です。

 

専門の方によるトレーニングで、番組に出演された主婦の方のウエストに劇的な変化が訪れた!…と言うため、これは要注目ですよ!

 

ダイエットの他にも、「最近、どうも肩凝りが酷い」、「何か疲れやすい」と言った体の不調を訴えているそこのあなた。

 

是非、視聴することをおすすめします!

 

年末年始で疲れた体に、活力を取り戻してみませんか?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください