ぺこの書道の字が綺麗なのはなぜ?習うなら教室と通信どっちがいい?

 

「隠れた特技」を持っている人っていますよね?

 

その意外性が大きければ大きい程、それを知った時の衝撃は大きくなります。

 

タレントの「ぺこ」さんの書道の字が、とても綺麗なのは知っていましたか?

 

今回は彼女の綺麗な字の秘密や、書道の資格について、

 

更には、これから始める方には教室と通信のどちらがよいかの検証までしてみました!

 

スポンサードリンク

 

ぺこの書道の字がきれいなのはなぜ?

 

 

タレントのぺこさんと言えば、2016年の年末に、相方である、りゅうちぇるさんと婚約されましたよね。

 

その際、関係各位に送られたFAXに書かれていた字の綺麗さが、話題となっています。

 

ネット上でも、

 

 

「ぺこちゃんの字がカッコイイ」

 

「ぺこちゃんの字が綺麗で驚いた」

 

 

と言うコメントが飛び交っていました。

 

それもそのはず。

 

ぺこさんは、なんと毛筆7段、硬筆8段と言う驚きの肩書きをお持ちでした!

 

これぞまさに、「意外な特技」と言うものではないでしょうか?

 

 

書道を習うなら通信と教室どっちがいい?

 

スポンサードリンク

 

では、ぺこさんに触発されて、

 

「書道を始めてみても良いかな?」

 

と言う気持ちになった場合、習うなら教室と通信教育のどちらがおすすめなのでしょうか?調べてみました。

 

 

教室に通うメリット・デメリット

 

書道教室に通う場合のメリットとしては、「書道『だけ』をする環境に入り切れる」と言うことでしょうか。

 

周りが全員、同じ空気になっているため、書道だけに集中できるところです。

 

また、自分の書いた字を、その場で講師に添削してもらえるため、字に癖や間違いなどがあっても、すぐに気付けます。

 

つまり、比較的短期間で上達がし易いと言うメリットがあります。

 

デメリットとしては、目当ての習字教室が、あなたの移動範囲内にあるかどうかで変わって来ます。

 

どうしても、その教室までの「移動時間」が掛かりますので、人によってはこれがかなり大変な物となってしまいます。

 

また、これは稀なケースですが、書道教室はある意味「閉鎖空間」です。

 

個人で経営されている教室によっては、変に癖のある字を習わされてしまうケースも、ごく稀にあります。

 

教室に入会する前に、事前にその教室の講師や生徒さんが書かれている字を、よく確認することが必要です。

 

月謝としての相場は、大体月4000円+道具代と言った感じでしょうか。

 

 

通信教育のメリット・デメリット

 

最近では通信教育を習う企業・団体も増えて来ています。

 

こちらのメリットとしては、先述した教室までの「移動時間」が、かからないと言うところです。

 

近隣に書道教室が無くても、ネット環境と道具さえ整っていれば、いつでも書道を始められます。

 

また、事前に講師の方の詳しい経歴を知ることが出来ますし、多くが複数の有名な講師陣で形成されていますので、

 

「変に癖のある字を習得してしまった」と言う危険を回避し易くなります。

 

デメリットとしては、常にあなたの前に講師の方がいるわけではありませんので、どうしても、提出から添削までのタイムラグが発生します。

 

更に、自宅で行う以上、どうしても集中を途切れさせてしまう「誘惑」や「用事」が目についてしまいます。

 

うっかり課題を貯めてしまったり、提出期限を過ぎても作品が完成せずにいたりすると、ついつい放り出してしまうことになりがちです。

 

周りの誘惑に打ち勝てる!と言う強い意志が必要になってきます。

 

こちらも月謝としては、何カ月単位での、まとめ払いの所が多いようですが、大体月4000円+道具代と言った感じでしょうか。

 

 

書道の資格の種類は?

 

「資格」…それは習い事をする上で、大変魅力的な言葉ですよね。

 

物によっては履歴書に書けたり、人に自慢出来たりと、自分の実力が認められた証しとなります。

 

では、書道にはどのような資格の種類があるのでしょうか?

 

まず先に、誤解されやすい書道の資格についてですが、よく「何級」とか、「何段」と言う言葉を耳にしますよね。

 

先述した、ぺこさんも、毛筆7段と硬筆8段を所持されています。

 

しかし、こう言った級や段位は、残念ながら履歴書などの資格欄には使用出来ません。

 

茶道に流派があるように、書道にも幾つもの流派が存在します。

 

級や段位は、あくまでも「その流派内だけでの資格」となるため、一般的に公的な資格としては見なされていません。

 

あくまでも「肩書き」だと思って下さい。

 

公式な書道の資格になりますと、日本書写技能検定協会が主催する、「硬筆書写技能検定」や「毛筆書写技能検定」が主な物です。

 

これは年3回行われており、5級から1級までの範囲があります。こちらは履歴書にも書けますので、挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

また、書道の先生になりたいと言う方には、文部科学大臣認定の資格である、全国書道教師資格認定試験と言う物もあります。

 

こちらは4次試験まである、かなり難関な物となってますね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

そんな綺麗な字を書く、ぺこさんが、

 

「金曜プレミアム・TEPPEN 2017冬の陣」内の「書道対決」に殴り込みをかけるそうです!

 

果たして、伊藤かずえさんや哀川翔さんと言った実力派の面々に対して、どのような熱い勝負を見せてくれるのか!?

 

とても楽しみになってきませんか?もしかしたら奇跡の大勝利が目撃出来るかもしれませんよ!?

 

2017年1月13日、夜9時からフジテレビ系列で放送されますので、是非注目してみて下さい!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください