TEPPENピアノ対決2017の結果予想と審査員を紹介!やらせについても

 

「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」と言う番組をご存知ですか?

 

フジテレビ系列で不定期に放送されている、共通の趣味・特技を持つ、芸能人同士の熱い対決番組です。

 

今回はその番組内の、ピアノ対決の結果予想や、審査員の紹介。

 

さらには、「やらせ疑惑」についても、メスを入れて行きたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ピアノ対決2017の結果予想

 

 

ではまず、今回の出演者情報から、勝者を予想してみましょう。

 

今回は「2016年秋の決勝戦」となっています。

 

特別ゲスト枠を含め、前回を勝ち抜いた出場者は下記のようになっています。

 

 

村上奈菜さん

 

 

職業:モデル

 

東京音楽大学のピアノ科出身で絶対音感の持ち主。

 

以前、「ボトラッテ」のCMにも出演され、その可愛さで話題になりました。

 

可愛いだけではなく、ピアノも得意と言うスーパーモデルさんです。

 

前回得点:342点(ミス4回)

 

 

松井咲子さん

 

 

職業:タレント

 

元AKB48のメンバーである村井さんは、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ピアノ科に入学。

 

2017年1月現在は、桐朋学園芸術短期大学芸術科にて音楽を専攻されています。

 

彼女も同じく絶対音感を持っており、ピアノ関連のコンクールや大会に多数出場し、入賞歴もあり。

 

2012年の同番組内では、初出場にして初優勝を飾るなど、今回も目が離せない存在です!

 

前回得点:346点(ミス2回)

 

 

岡副麻希さん

 

 

職業:キャスター

 

特技と公言するピアノは、過去のTEPPENでも何度か披露されています。

 

「5回ミスをしたら即退場」と言った制約の中で、2016年1月の冬・2016年9月の秋と、

 

どちらも「ミス4回」と言うギリギリのラインでありつつも、毎回クリアされています。

 

果たして今回はどうなるのでしょうか?

 

前回得点:325点(ミス4回)

 

 

永里亜紗乃さん

 

 

職業:サッカー選手

 

元「なでしこジャパン」の選手であった永里さん。

 

実は彼女、3歳の頃からピアノを始めており、そのセンスの良さでみるみる内に上達していったそうです。

 

前大会ではそのセンスの良さを披露してくれた彼女。

 

サッカーで養った「本番で実力を発揮できる」力を、今回も見せられるのか!?

 

意外とダークホース的な存在だと思われます!

 

前回得点:328点(ミス3回)

 

 

山口めろんさん

 

 

職業:山口のメロンアイドル(自称)

 

そのキャラクター性から軽く見られてしまいがちですが、その実力は本物です。

 

日本大学芸術学部音楽学科ピアノコース出身のため、その腕前は折り紙つき。

 

前大会では何と、ミス1回のみと言う快挙を成し遂げています。

 

彼女の普段の様子と、ピアノを弾く彼女とのギャップを目の当たりにし、

 

メロメロになってしまった人もいたとかいないとか!?

 

前回得点:359点(ミス1回)

 

 

こまつさん

 

 

職業:芸人

 

芸人でもあり、ミュージシャンでもある珍しい組み合わせです。

 

独学ながらその演奏テクニックは凄まじく、キーボードの右手と左手で別の曲を弾いたり、

 

右手でトランペット、左手でキーボードを演奏すると言った、「同時演奏」を得意としています。

 

現在では「エンターテイナー芸人こまつ」としての知名度の方が上ですが、

 

ミュージシャンとしての顔も徐々に色濃くなって来ています。

 

今回の決勝で、晴れてミュージシャンとしての知名度が大幅アップなるのか!?

 

こちらも要注目です。

 

前回得点:351点(ミス2回)

 

 

<特別ゲスト枠>

 

・世良公則さん

 

・瀧本美織さん

 

今回、ゲスト枠と言う形での参加となる、この2人の実力は未だ未知数です。

 

2人に共通する点としては、俳優であり、ボーカリスト経験有りといった所…でしょうか。

 

今まで公にされていなかっただけで、2人共かなりの実力者なのか?

 

それとも、ただの「噛ませ犬」的ポジションとなってしまうのか?

 

この2人にも要注目ですね…。

 

 

ちなみに、私個人の予想としては、松井咲子さんと、山口めろんさんが優勝候補であると思います。

 

個人的には、岡副麻希さんの演奏にも注目したい所です。

 

 

ピアノ対決2017の審査員紹介!

 

スポンサードリンク

 

続いて、審査員の方々についても触れていきますね。

 

今回の審査員は、下記の御三方となります。

 

 

秦万里子(はた まりこ)さん

 

東京都杉並区出身。歌手でもあり、ピアニストでもあり、作曲家でもあり、作詞家でもあります。

 

彼女の祖父は日本コロムビア元社長の秦米造と、生粋の音楽一家に生まれます。

 

その実力は、3歳よりピアノをはじめ、5歳の時には自作曲で発表会に出るなど、幼い頃から、音楽に対しての才能の片鱗をうかがわせています。

 

国立音楽大学器楽科ピアノ専攻に進学し、講師をする傍ら、東京おとぼけキャッツのキーボードメンバーとしても活動。

 

メジャーデビューは、ライブアルバム『半径5メートル物語』(徳間ジャパンコミュニケーションズ)からですが、

 

その時、御年51歳だったと言うのは驚きです!

 

現在も彼女は、テレビ、ラジオなど、様々な分野で活躍されています。

 

また、子どもたちの音楽教育に対してもも情熱を注がれており、持ち前の絶対音感、即興性、コピー能力を活かし、

 

徹底的に楽しい「生徒がやめないレッスン」を提供されることにも定評があります。

 

作詞作曲や歌うことだけに留まらず、コーラス指導や教育、作絵作話、作装飾など、その情熱は音楽だけではなく、

 

様々な「作ること」に向けられており、とても一途な方です。

 

 

服部克久(はっとり かつひこ)さん

 

作曲家の服部良一の長男として生まれ、幼少より音楽の英才教育を受けることになります。

 

成蹊中学校・高等学校を経てパリ国立高等音楽院へ留学。

 

テレビ放送の創成期より活動を始められており、テレビやラジオ番組だけでなく、ドラマ、アニメ、映画などの音楽を、数多く担当されています。

 

1971年には「花のメルヘン」で、第13回日本レコード大賞編曲賞を受けられました。

 

その後も、日本レコード大賞企画賞を2回受賞するなど、輝かしい受賞歴をお持ちです。

 

また、日本音楽作家団体協議会(FCA)、日本作曲家協会(JACOMPA)を歴任され、

 

現在は日本作編曲家協会(JCAA)の会長や、東京音楽大学客員教授、NPO法人「LIVE FOR LIFE」の理事長などを務められています。

 

まさに、「音楽界のドン」と言ったところでしょうか?

 

 

宮本笑里(みやもと えみり)さん

 

現役のヴァイオリニストさんです。

 

14歳の時には、ドイツ学生音楽コンクールで1位に入賞されるなど、確かな実力を持っています。

 

過去に放送された、「FNSうたの夏まつり」(フジテレビ系列)では、西野カナさんや徳永英明さん、氷川きよしさんなど、

 

様々なアーティストとコラボを展開されていました。

 

2013年の冬から2014年の10月頃まで、体調不良や、妊娠・出産によって第一線から離れていましたが、現在は音楽活動に復帰されています。

 

美しいだけではなく、実力も備わっている方ですね。

 

 

やらせ疑惑について

 

こう言った番組にはある意味付き物であると言われている、「やらせ疑惑」ですが、この番組ではどうなのでしょうか?

 

この疑惑については、過去に放送された、2015年の「TEPPENピアノ対決」をどうしても取り上げなければなりません。

 

概要としては、

 

「その時に出演された、森保まどかさん(HKT48)の演奏が、その時の優勝者よりも明らかに上だったのに、何故3位で終わってしまったのか?」

 

と言うものです。

 

これは当時、ネット上で様々な物議を醸しだし、音楽プロデューサーの福田裕彦さんも、自身のtwitter上で、

 

 

 

フジの某番組のピアノ対決とか言うやつ、HKT48の森保さんっていう子が凄く上手でけっこうビックリして見てたんだけど、

 

その後、どう考えても彼女のピアノとは比べ物にならないほどヘタっぴなピアノを弾く女子が出てきてあっさり勝ち、

 

さらにそれに輪をかけてヘタなピアノを弾く人が勝って呆れた(2015.01.04 23:20)

 

 

とまで言われています。

 

確かに、私も森保さんと、当時の優勝者両方の演奏を聞いてみました。

 

感想としては、森保さんの方が素晴らしい…と思います。あくまでも個人の感想ですが。

 

当時のフジテレビ広報部としての発表は、

 

「ご質問にありますような、やらせや出来レースといった事実は一切ございません」

 

と、この疑惑を否定しています。

 

ピアノ対決の採点基準については、

 

「アレンジの仕方による難易度」・「気持ちを込めて弾けているかなどの表現力」・「ミスタッチがないかなどの正確性」

 

といった点から総合的に審査しているようですが、本当の所はどうなのでしょうか?

 

…ただ私が言えるのは、ネットが普及している現代では、2015年当時のように、

 

「良い物は良い」、「悪い物は悪い」と、ちゃんと自分の意見を発信できる場がありがたいことに整備されています。

 

仮に今後「やらせ」があったとしても、ちゃんとそれは明るみに出ると思います。

 

それに、先に挙げた審査員の先生方も、音楽にかける強いプライドがあるはずです。

 

きっと軽はずみは審査はされないはずだと私は思いますよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は昨年9月の、秋の大会の決勝戦と言うことで、前回以上のハイレベルな演奏を耳にできることは確実ですね!

 

普段目にしている芸能人の方々の意外な素顔が垣間見える番組、

 

「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」は、2017年1月13日、夜9時からフジテレビ系列で放送されますので、是非注目してみて下さい!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください