ALIFE(アライフ)愛しき人2話の感想と視聴率は?再放送とあらすじも

 

ALIFE(アライフ)愛しき人の第2話が放送されました。今回は一体どんな人間ドラマが繰り広げられたのでしょうか?あらすじや感想、視聴率についてなど調べてみました!

 

第2話のあらすじは?

 

 

壮大に頼まれて、深冬の手術をするために病院に残ることにした沖田。深冬の症状が深刻で沖田は悩みます。

 

 

そんなある日、日井川は森本という和菓子職人の患者を担当することになります。森本に手術を説明するときに後遺症のことを聞かれ、日井川は大丈夫と断言してしまいます。そして手術の日を迎えます。

 

 

手術は成功しました。しかし、数日後、森本は右手のしびれを訴えて病院を訪れました。日井川は手術で右手にしびれがでることはあり得ないと言います。そんな日井川に沖田は森本さんの手術の映像を見せて欲しいと言いました。

 

関連:キムタク ドラマa Lifeの評判と1話の感想は面白くない?視聴率も

 

 

第2話の感想

今回は松山ケンイチさん演じる井川にスポットが当たった回でした。井川はただ患者の命を救えばそれで医者としての仕事は終わりだと考えていて、それに対して沖田は医者失格だと言います。確かに今回の患者さんは和菓子職人と言うことで、手が命です。その手が使えなくなってしまうことは患者さんにとって致命傷です。それに井川は気づけなかったんですね。

 

 

病院の姿勢としてもお金さえ払えばいいというようなスタンスで、見ていてもやもやしました。あとは壮大が奥さんである深冬の手術を沖田に頼むだけで無く、全部押しつけているように感じて、もやもやしてしまいました。

 

 

ここまで2話しか見ていませんが、恐らく、壮大は沖田に嫉妬しているのだろうなと思いました。医者としての技術もそうですが、深冬と沖田の関係というか、お互いまだ想い合っているのではないか?と疑っているのかもしれません。

 

 

この先もどんどん沖田に対しての感情が出てくるのではないかと思うので注目していきたいなと思います。そして、院長と副院長である壮大の対立ですね。

 

 

経営について意見が食い違っていますし、今回、院長の紹介で病院に入っていた井川がミスしたことによって院長を辞めさせようという空気にしていましたし、今後も衝突がありそうな予感ですね。

 

 

あとは、「大丈夫」という言葉を沖田は使います。井川も森本に対して大丈夫という言葉を使いましたが、沖田の「大丈夫」はしっかり準備をした上での大丈夫だというシーンがとても印象的に感じました。沖田がどんな医者なのか、というのがよく分かるシーンだと思いました。

 

 

いろいろな人間関係が絡まっていってこれからどんどん面白くなっていくのでは?と感じました。医療ドラマであって人間ドラマでもあるということで今後の展開も目が離せそうにありません。

 

関連:A LIFE愛しき人の菜々緒は整形前と後で全然違う?ドラマの役についても

 

第2話の視聴率について

 

スポンサードリンク

 

第2話の視聴率は14.7%でした。初回放送が14.2%だったので少しアップしました。初回放送後はここから視聴率が伸びていくのは難しいのではないかという評判だったのでそれを良い意味で裏切る形となりました。

 

 

第2話が放送される日のお昼から初回放送が再放送されていたことが少し影響したのかもしれませんね。そして、やはり木村拓哉さんのドラマということで注目している人も多いと思います。毎回視聴率についてもニュースになっていますし、これからでも見てみようかなと言う人が増えると、視聴率も後半に向けてアップしていく可能性はありますね!

 

 

次回の視聴率も注目です。

 

関連:竹内結子は可愛いけど年齢は?ドラマA LIFE〜愛しき人〜での役は?

 

再放送について

第2話の再放送についての情報はありませんでした。しかし、ネットではドラマ放送の一週間後まで見逃し配信があるのでそちらでチェックすることができますよ。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください