血煙の石川五ェ門(映画)の声優浪川大輔は下手なの?結婚相手は誰?

 

映画「血煙の石川五ェ門」で石川五ェ門の声を担当されている浪川大輔さん。人気声優でとても有名な方です。浪川大輔さんの評判や評価、結婚相手、プロフィールなどを調べてみました。

 

スポンサードリンク

石川五ェ門の声優浪川大輔は下手なの?評判は?

 

 

浪川大輔さんの声優としての評価を調べてみました。すると、賛否両論なのはもちろんですが、キャスティングによってバラツキがあったり、作品によって評価が分かれているということが分かりました。

 

 

「日本一忙しい声優」とも言われている浪川大輔さん。なのでファンも多いですが、アンチも多いようで、評価や演技力について調べると、辛口な評価も多く見られます。しかし、話題作や人気作に数多く出演されていて、人気声優であることから、実力はある方だと思われます。

 

 

子役のころから活躍されていて、アニメの声優よりも洋画の吹き替えの方が評判が良い印象です。良い声で、声の質についての評価が高く、逆に叫んだりするキャラクターだとあまり評価がよくないようです。

 

 

出演作品については後で詳しく紹介したいと思います。

 

浪川大輔の結婚相手はどんな人?

 

 

浪川大輔さんは2001年に結婚されています。現在は2人のお子さんに恵まれているということでした。お相手の方は名前やどんな人か?という情報が無く、恐らく一般人だと思われます。

 

 

この結婚されたことについてはなぜか結婚後、すぐに離婚したという情報がネットで見られました。しかし、それなら子供がいることはおかしいですし、誰かがでっち上げたデマなのではないかと言われています。

 

 

声優さんも人気商売で、浪川さんは声もいいですが、ルックスもイケメンなので熱烈なファンもいるかと思います。そういった人たちへの配慮なのかもしれませんね。

 

 

浪川大輔のプロフィールは?

名前:浪川大輔

 

生年月日:1976年4月2日(40歳)

 

出身:東京都

 

血液型:B型

 

職業:声優・俳優・歌手・ナレーター

 

所属事務所:ステイラック

 

 

1985年に劇団こまどりに所属して子役としても活躍されていました。そして子供の頃から鈴木えみさんの紹介で声優としても活躍されていました。中学時代は反抗期で仕事をサボるようになってしまい、声優としての仕事は減ってしまいました。

 

 

中学時代や高校時代は卓球やハンドボールなどをしていて、将来はスポーツの世界で生きて行けたらと思っていましたが、試合中に大けがを負ってしまい、断念。

 

 

ちょうど将来について悩んでいるときに映画「ロミオとジュリエット」のテレビ放映にあたりレオナルド・ディカプリオの吹き替えを通して改めて声優を志すことを決意しました。

 

浪川大輔が演じるキャラは誰?

 

スポンサードリンク

 

本当に沢山の作品で声を演じられています。子役時代には「E.T」や「ネバーエンディング・ストーリー」「グーニーズ」の主人公などで登場する男の子の役のほとんどは浪川さんが担当されています。

 

 

また、「ターミネーター2」と「ターミネーター3」ではジョン・コナー役も担当されています。アニメでは「君に届け」の翔太や、「HUNTER×HUNTER」のヒソカなど多くの話題作に出演されていますし、ガンダムシリーズで活躍されています。

 

 

まずは浪川さんが12歳の時に演じられた「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 vol.1 [ 矢立肇 ]」では主人公を演じました。その後DVD化されたときには特典映像で大人になった浪川がナレーションを担当されたりしました。また、ガンダムのゲームなどでもナレーションと担当されたりしています。

 

 

今後の浪川大輔さんの活躍を応援していきましょう!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です