動物園の飼育員になるには?給料や仕事の内容と必要な資格は何?

 

子供の頃に動物園の飼育員に憧れたことありませんか?現実にするには給料や勤務地、仕事内容まで現実を見つめなければなりません。

 

 

生き物が可愛くて大好き!といっても大型で危険な動物を扱うこともある仕事、危険もあるので必要な資格はなんなのか?など飼育員のお仕事について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

動物園の飼育員になる方法は?

 

 

市立動物園といった公営の動物園の飼育員になるためには、高校や大学で学んで公務員採用試験に受かることが必要です。

 

 

民間の施設などもありますが、飼育員の求人数はあまり多くないうえに、人気のある職業で狭き門となっているようです。

 

 

動物と触れ合う経験と豊富な知識が必要な仕事、採用試験を勝ち抜くために大学へ進学して獣医学を学んだり、動物研究といった知識を深める人が多いそうです。

 

 

飼育員の給料について

 

民間と公営で給料は変わってきますが、全体的に動物飼育員の給与水準は低めだそうです。

 

 

公営の動物園の方が民間よりも高く、公務員としての福利厚生が充実しているといわれていますが、公務員ですから数年に一度くらいの異動も考えられます。

 

 

相場として地方の動物園で12~15万円で、東京の施設でも17万円程度、この現実はなかなか厳しいかもしれません。

 

 

時には命がけで危険と隣り合わせな業務もあるお仕事、それでも好きな仕事だからと納得できる給与なのでしょうか。

 

 

飼育員の仕事内容は?

 

憧れのお仕事でやってみたいと思うのは、やはり動物のエサやりではないでしょうか。

 

 

しかし動物はエサを食べれば排泄もしますし、健康管理を行ううえでも清掃業務に多くの時間をとられるというのが現実のようです。

 

 

常に動物に寄り添いながら、食事に睡眠、病気や出産といった様々な状況に対応することを求められます。

 

 

動物園ではショーや来園者の接客など、飼育員が担当しているところがほとんどではないでしょうか。

 

 

企画運営や広報活動もですが、ショーを行うには動物へのトレーニングなども必要になりそうです。

 

 

飼育員になるために獣医師や大学で研究をする人が多いことでもわかるように、生態の記録や研究活動といった学問的な貢献も求められる仕事でもあります。

 

 

肉体的にも精神的にも大変で、経験を積まなければわからないような動物相手、仕事内容の範囲がとっても広いお仕事のようです。

 

 

飼育員に必要な資格は?

 

スポンサードリンク

 

飼育員になるために必要な資格というものはなく、採用試験に受かるかどうかはべつとして学歴なども関係ないそうです。

 

 

狭き門を突破するために獣医師免許や学芸員といった資格を持つ人がいる中、ある意味資格がいらないということは運や人間性が問われそうですね。

 

 

動物園といえばゾウやライオンといった、日常では見られない動物が見られることが醍醐味ですが、これらは危険動物でもあります。

 

 

動物に襲われる可能性もあり、何の資格もない飼育員が飼育しても大丈夫なのか不安になってきます。

 

 

海外ではトラを自宅でペットのように飼っている人なども登場しますが、日本では都道府県や政令市に届出が必要で許可を受けなければいけません。

 

 

動物を飼う施設の構造や強度、管理方法といった基準を守らなくてはいけませんが、飼育員に対して特別な講習や試験などがあるわけではないそうです。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください