オレキシンを増やす食べ物とサプリメントを紹介!受容体拮抗薬って何?

 

オレキシンというホルモンをご存じですか?このホルモンを増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?オレキシンとはどんなものか、食べ物(食品)とサプリメントについてや、受容体拮抗薬について紹介します。

 

スポンサードリンク

 

オレキシンとは?

 

 

オレキシンとは食欲の増進、睡眠と覚醒の抑制、交感神経の活動の促進などのこうかがあるホルモンです。オレキシンが分泌されると筋肉が糖分を取り込む速度が増進し、体のエネルギー消費能力が上がり、スポーツなどの運動時のパフォーマンスにも影響があると考えられています。

 

 

オレキシンは自律神経系のうち、交感神経系の活性と同調する特徴があるため、日中の消費カロリーが多い時間にとくに多く分泌される物質です。また、自律神経系の働きのとかかわりから、生活リズムを整える効果があり、睡眠との結びつきも密接なので「睡眠ホルモン」である一面も備えています。

 

 

オレキシンの分泌が乱れると睡眠障害ナルコレプシーに深く関わっていると言われています。ナルコプレシー以外にも時差ボケや不眠症治療にもオレキシンの有効性が期待されているそうです。

 

 

オレキシンを増やす食べ物(含む食品)は?

オレキシンというホルモンは人間の新陳代謝やエネルギーに大きく関わってくるものです。オレキシンを増やす食べ物やオレキシンを含む食品ということより、食事を取るときに規則正しく3食を取り、寝る前の食事は避け、楽しみながら良く噛んで食べることが大切だそうです。

 

 

ドーパミンなどに代表される報酬系とよばれる神経系と同じような働きをするので、なんらかの行動の結果から「うれしい」「気持ちいい」という快感を得たときにまた同じ快感を味わうために意欲的にさせる働きがあります。

 

 

オレキシンは食事で美味しい!と感じたときに分泌が活性化されるそうです。上記でも紹介しましたが、オレキシンは自律神経の働きと同調して分泌されるので、生活のリズムが崩れたりするとよくありません。食事だけで無く、規則正しい生活を送ることが、オレキシンを増やすために重要と言えます。

 

オレキシンのサプリメントを紹介!

 

スポンサードリンク

 

オレキシンには交感神経の活動を促進する作用があり、それを利用して体のエネルギー消費を促すオレキシンサプリメントがアメリカにあるそうです。かなり高額で日本ではまだないようです。

 

 

オレキシンの分泌を促す為に混合されたサプリメントというものもあるそうです。海外発送も行っているそうですが、公式サイトが英語表記なので購入は英語ができないと難しいかもしれません。

 

受容体拮抗薬ってどんなもの?

いろいろな受容体拮抗薬というものがあるようですが、生体内の受容体分子に働いて、神経伝達物質やホルモンなどの働きを阻害する薬のことを指します。まず、ヒスタミンh2受容体拮抗薬を紹介していきます。

 

 

このヒスタミンh2受容体拮抗薬はH2ブロッカーとも呼ばれ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった消化性腫瘍の治療に用いられる医薬品です。

 

 

次に、セロトニン3受容体拮抗薬とは、過敏性腸症候群に効果のある薬だそうです。ただし、臨床試験の段階で女性における有効性が認められず、副作用がでる確立が高かったので女性への投与が認められていないそうです。

 

 

副作用はセロトニンの作用が増えてしまって、セロトニン症候群という不安や焦燥、興奮、錯乱、発汗、頻脈などが起こることがあるそうです。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です