スルメイカの不漁の原因は何?価格高騰や漁獲量などの影響は?

 

2017年1月、スルメイカが不漁になっている様です。原因は何なんでしょうか?今後価格高騰や漁獲量などどのように影響してくるのでしょうか?
スポンサードリンク

 

スルメイカの不良の原因は?

 

 

 

私的にはスルメイカが不漁だというニュースは初めて聞きました。報道では市場の様子が伝えられていましたが、店に置いてある水槽の中には1匹も入っていませんでした。(イカは1匹ではなく1パイ)

 

店主によれば1週間に1回入荷されるかされないかみたいな状況らしいです。

 

で、不漁の原因ですが、資源量が減ったということ、つまりスルメイカ自体の量が激減しているということです。過去2年間での環境が悪かったせいで今季の量が減ったと伝えられていました。そして、産卵場での海水温が低かったため成長できなかったとか・・。
スポンサードリンク

 

価格や漁獲量の影響は?

 

 

 

 

スルメイカの不漁は昨年からです。獲れる量が減れば普通に値上がりします。一部のスーパーでは1杯200円だったものが倍の値段になっている様です。これ以上高くすると売れないので、更に高くなることは無さそうですが、他にはどんな影響が出るんでしょうか。

 

獲れる量が減ったことでイカを加工している会社は大変らしい。イカが少ないので仕事が無いんです。このまま長期で不漁になれば経営に影響が出そうですね。

 

イカの塩辛など加工品も徐々に高くなっていきそうですね。昔から手ごろな値段で食べていたものが高級食材に変わるかもしれません。100円の回転ずしからも消えそうですね。
スポンサードリンク

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です