森脇良佳の住吉神社の地図(場所と住所)は?ご利益や祭りの情報も

 

森脇良佳さんという方をご存じですか?彼女のプロフィールや結婚についてや、彼女が禰宜を務めている住吉神社の場所や住所、お祭りの情報などを調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

森脇良佳は結婚してる?プロフィールも

 

 

名前:森脇良佳(もりわき よしか)

 

生年月日・年齢:不明。おそらく20代くらいと言われています。

 

出身:広島県

 

職業:神職 住吉神社(広島市中区)の禰宜

 

学歴:広島女学院大学文学部人間・社会文化学科卒業

 

小学生時代に実家の神社の手伝いをされていて、その際にとても丁寧な言葉使いでメディアで話題となり、「お言葉少女」というあだ名が付いたそうです。そんな森脇良佳さん、22歳でご結婚されています。旦那さんも同じ神社関係のお仕事をされている方だそうです。

ちなみに旦那さんとの会話は今でも敬語だそうです。

 

住吉神社の地図(場所)は?

 

 

住所は広島県広島市中区住吉町5-10です。場所は、広島駅からバスで広電バス3系統 紙屋町・市役所経由広島西飛行場行きの加古町下車すぐ。か、広島バス25系統吉島営業所行きの住吉町下車徒歩3分の所にあります。

 

 

市内電車で行く場合は、広島電鉄市内線1系統宇品行き・広電本社前行きの市役所前鷲野橋下車で徒歩5分です。車で行く場合は、国道2号線、新住吉橋東詰 平和公園より吉島通りを南進、住吉町交差点を右折、新住吉橋手前を左折します。参拝者の駐車場は完備されています。車でも気軽に参拝できそうですね。

 

 

 

ご利益や祭りなどのイベント情報は?

 

スポンサードリンク

 

住吉神社には表筒男命(うわつつのおのみこと)中筒男命(なかつつのおのみこと) 底筒男命(そこつつのおのみこと)が奉られています。江戸時代は浅野藩の船の守護神として信仰されていました。航海安全、交通安全、和歌の神、学問学芸成就、縁結びなど様々な御利益があるそうです。

 

 

住吉神社の祭りで、広島三大祭りの一つで夏の風物詩として知られているのが、「住吉祭」です。「すみよしさん」という名前で親しまれているお祭りです。今年2017年は7月17日と18日に行われます。露店も沢山でますし、子供神輿なども行われます。

 

 

祭りの内容には茅の輪くぐりといって巨大な茅の輪をくぐることによって心身が祓われ清浄な姿に立ち返り、厄災から逃れることができるというもので、左、右、左と3回くぐってお祓いをするそうです。

 

 

「人形」に自分の身代わりとして罪・けがれを移して、その人形を灯籠に乗せて川に流すというものです。他にも神楽の奉納や打ち上げ花火も行われるそうです。

 

 

他にも初詣や、七五三などもあります。今月は2月なので節分祭が2月3日に開催されます。内容は、豆まきと焼嗅がし(やいかがし)神事といって鰯の頭を焼いて鬼退治をするという行事が行われるそうです。

 

 

鰯1000匹の頭を焼いて、その臭いをたたみ一畳分の大きな内輪で扇ぎ、厄払いをするというすこし変わった珍しい神事です。神事が終わった後は鰯の頭をヒイラギの枝に刺して参拝した人たちに配るそうです。

 

 

お守りにも開運焼嗅がしストラップというものがあってとっても可愛らしいです。是非住吉神社に行かれる際はこのストラップにも注目してもらいたいと思います!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です