ALIFE(アライフ)愛しき人3話の感想とゲスト出演者は?視聴率についても

 

ALIFE(アライフ)~愛しき人~の3話が放送されました。気になるあらすじや感想、視聴率や3話のゲスト出演をされた紺野まひるさんについても少し調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ALIFE~愛しき人~の3話あらすじ

 

 

精力的に論文を書こうとする深冬は難関と言われる小児外科の指導医の認定を目指していました。それを沖田に話します。深冬は自分のためにも、病院の跡取り娘としても指導医の認定を受ければ役に立つと考えていました。

 

 

ある日、腹痛を訴える女の子が小児科を受診します。他の病院では心因性と診断されたが、違うのではないかと不安がる母親。深冬は女の子を母親と一緒に入院させて、沖田の力を借りて原因を特定します。

 

 

そして手術をすることを決めます。しかし、前の病院で女の子を診察していた医者が小児外科治療学会のトップだったために、病院長である父から手術をすることを止められてしまいます。

 

 

医学界の権力者にたてついてでも子供を救うために手術を行うのか?それとも自分と病院の将来を守るべきなのか?悩む深冬に沖田は・・・?というあらすじでした。

 

関連:A LIFE愛しき人の菜々緒は整形前と後で全然違う?ドラマの役についても

 

第3話の感想

まず感じたことは、お医者さんって大変だな・・・ということでした。どんなに優れた技術を持っていたとしても、実績とか地位がなければ意味がない世界なのかな?と思いました。

 

 

患者側としてはそんな誰が偉いから逆らえないとかはまったく関係なく、ただ助けて欲しい一心で病院に行ってるのに手術ができないということになったりすることに歯がゆさを感じました。なので、沖田が患者を助けるために檀上記念病院を辞めてでも手術をしようと思ったことにはとても共感できました。

 

 

最終的に深冬もその考えに共感して、壮大が止めたにもかかわらず、沖田と一緒に手術を行いました。最終的には偉い先生の見逃しを突いて深冬の立場は守られましたが、夫である壮大的にはまったく面白くない展開した。どんどん沖田への嫉妬が膨らんで行きそうです。

 

 

深冬の病状も気になりますし、今後、沖田と深冬の関係にも進展があったりするのでしょうか?そのあたりも今後注目していきたいと思いました。

 

関連:キムタク ドラマa Lifeの評判と1話の感想は面白くない?視聴率も

 

第3話の視聴率

視聴率は13・9%と前回の視聴率14.7%から下がってしまいました。内容的には悪くなかったと個人的には思ったのですが、なにか原因があったのでしょうか?裏番組の影響などなら次回はまた巻き返す可能性がありますが、そうでない場合は今後じわじわと下がってきてしまう可能性もあります。

 

 

ドラマの内容も気になりますが、今後の視聴率についても見守っていきたいと思います。

 

関連:ALIFE(アライフ)愛しき人2話の感想と視聴率は?再放送とあらすじも

 

3話ゲストの紺野まひるについて

 

スポンサードリンク

 

腹痛を訴える女の子の母親役として紺野まひるさんがゲスト出演されていました。紺野まひるさんは1977年生まれの39歳。とても綺麗な方です。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役です。宝塚時代の写真を見ましたがとても綺麗でした。しかし、トップ娘役として大劇場でお披露目公演をしたのが最後の公演となって宝塚を退団されています。

 

 

これはトップ男役の方が劇団の方針で退団することになり、それが原因で一緒に退団をされたという経緯があったようです。

 

 

退団後は女優として大活躍されています。2008年に中学時代の同級生でパイロットの一般男性とご結婚されて、2児の母親です。ドラマには沢山出演されていて、ゲスト出演も多くありました。プライベートでは母親として、女優としても活躍されていて、今回の役どころは母親としての一面が役に生かせたのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です