栗山英樹監督は独身それとも結婚してる?嫌いと言われる理由と評価も

 

日本ハムファイターズの監督である、栗山英樹監督をご存じですか?栗山英樹監督は独身なのかやプロフィールや結婚、更に嫌いと言われる理由と監督としての評価などを調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

栗山英樹監督は独身?結婚してる?

 

 

栗山英樹監督は今まで一度も結婚されたことがありませんし、現在独身です。結婚しない理由はいろいろ書かれていますが、栗山監督の父親が厳しい人で、過去にお付き合いした女性との結婚を許してもらえなかったという話と、栗山監督自身の女性の理想が高いからなど言われています。

 

 

栗山監督自身は、監督をやっている間はそれどころじゃない、選手を預かっている人間としてその間は考えていません。とコメントされています。とても真面目で、野球の事を真剣に考えておられる方だと言うことがよく分かりますね。

 

ここで栗山監督のプロフィールを紹介します。

 

名前:栗山英樹

 

生年月日:1961年4月26日(55歳)

 

出身:東京都小平市

 

小学生の頃、野球好きな兄に誘われて軟式野球を始めます。中学生のころは一度野球から離れてバレーボール部で活躍されていました。中学3年生の時に投手として日米大会に出場し大会MVPを獲得、大会後に創価高校野球部のスカウトを受け、高校からまた野球部で活躍をされました。

 

 

高校1年生の頃からベンチ入りを果たし、3年生の時には主将でエースを務め、チームを牽引したが、残念ながら甲子園への夢はたたれてしまいました。その後は教員を目指して東京芸術大学教育学部に入学します。

 

 

大学では硬式野球部に入部して投手、内野手として活躍しました。1年、2年の頃はリーグ制覇するものの、右肘の故障から投手としての限界を感じ野手に転向しました。在学中に教員免許を取得して教師を目指していましたが、野球への夢が再燃し、プロチームの入団テストを受けました。

 

 

1984年からヤクルトスワローズでプレーされていました。2年目にメニエール病で苦しむようになり、めまいを隠してプレーされていたそうです。現役生活は6年間と短かったですが、その後、テレビの野球解説者を経て、大学教授を務め、2012年から北海道日本ファイターズの監督に就任されました。

 

栗山英樹監督が嫌いと言われる理由は?

 

スポンサードリンク

 

解説者時代はヤクルト出身のくせに巨人ばかりをひいきしている、平等に解説するべきなのに巨人のひいきをしている、解説の内容が有名な選手しかしない。取材力がない。そして、野村克也さんにも言われていたそうですが、結果論ばかりで面白みがないというようなマイナスな評価が目立ちました。

 

 

しかし監督になってからは結果を残していますし、選手からの信頼も厚いようです。嫌いというアンチの声もありますが、今までずっと監督を続けておられると言うことはちゃんと評価されているということだと思います。

 

栗山英樹監督の評価について

上記でも少し評価について触れましたが、栗山監督は監督就任1年目でリーグ優勝を飾っています。そして、2016年シーズンは日本一にも輝いています。去年1年契約だったそうですが、来シーズンも続投されることが決定しています。

 

 

今シーズンは最大11.5ゲーム差あったソフトバンクを猛追し、卓越した監督としての手腕を評価されています。そして就任後80勝を到達しています。来シーズンも日本ハムの活躍が期待されますね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です