嫌われる勇気4話の感想とゲスト出演者は?視聴率についても

 

嫌われる勇気の第4話が放送されました。4話のあらすじや感想、ゲスト出演者についてや視聴率について調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

第4話のあらすじについて

 

 

狸穴勝利という元大臣が亡くなり、葬儀が行われていました。そこへ蘭子と青山が現れ、「葬儀は中止です。」と言います。蘭子は勝利の死には不審な点があると説明します。しかし、妻である治子は病死だと主張します。それを遮り蘭子は勝利の遺体を解剖へと送ります。

 

 

今回そうなった経緯は狸穴家のかかりつけ医は連絡を受けて駆けつけた先で勝利が亡くなっていて、死因を調べようとすると妻と長男・寿也と秘書の武藤が反対し、不審に思った医師が敬作に相談したということでした。浦部や半田、小宮山は他殺を疑います。

 

 

勝利の遺体を解剖した相馬は「直接の死因は心不全だが、左頭部に内出血がある。」と報告します。

 

 

一方、蘭子の突拍子のない行動に怒りを爆発させた青山は大学教授の大文字を訪ね、自由すぎる蘭子を理解するにはどうすればいいか問いかけます。大文字は「自由とは他者から嫌われることであり、嫌われることを恐れるな」と答えますが、青山は理解できないと反発しました。青山は嫌われたくない人間なのです。

 

関連:嫌われる勇気3話の感想とゲスト出演者は?視聴率とネタバレも

 

第4話の感想について

今回の事件は、自由になりたかったが最後まで家にとらわれていた、娘・さゆりが苦しんでいる父親を見捨てたことから始まっていました。話としては死んだ勝利がかわいそうで、最終的に病死で、娘は不起訴となって罪を問われることはありませんでした。

 

 

自由とは。好き勝手やれば誰かから嫌われます。それを気にしていると自由にはなれない。多くの人は自由になりたいと思っていても行動に移せない人なのではないでしょうか?私も青山や娘・さゆり側の人間だと思います。

 

 

最後に青山が言った「自由になりければ、他の人にどう思われるか気にするのやめちゃえばいいんですよ。」と言い、蘭子は「人生の結末を引き受けるのは自分しかいません」と続けた所にぐっときました。だんだん青山が蘭子の性格を理解しつつある。というのと、自由についての考え方を参考にしたいなと思ったからです。

 

 

回を追うごとに蘭子の行動を青山が理解して上手く説明してくれているので蘭子の自己中心的な行動もなんとなく人間味を感じられるようになった気がしました。

 

関連:嫌われる勇気の2話の視聴率と感想は?再放送とあらすじも

 

第4話の視聴率について

 

スポンサードリンク

 

視聴率は7.2%でした。2話でがくんと下がってしまった視聴率でしたが少しずつ回復しています。初回が8.1%だったので、今後の目標としては初回の視聴率を超えることでしょうか?こちらも次回引き続き注目していきたいと思います。

 

ゲスト出演の前田亜季とは?

 

 

前田亜季さんは、1985年生まれの31歳です。天才てれびくんに出演したり、当時話題作となった「バトルロワイヤル」でヒロイン役を演じ、ブレイクしました。が、2008年までは大学に通っていたため、女優業は続けながらも学業優先というスタンスで活動されていました。実のお姉さんは前田愛さんです。

 

 

調べてみると結構いろいろなドラマに出演されていました。ゲスト出演が多いものの、再度前田亜季さんが注目されるきっかけとなったのが朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロインを演じた杏さんの同級生役を演じたことからでした。

 

 

小さい頃から知っている人も多いので劣化した?などど言われていましたが、今回のドラマ出演では芸術家な役を熱演されていました。今後の活躍も楽しみですね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です