花粉症を治すにはどんな方法がある?舌下免疫療法とヨーグルトの効果も

 

そろそろ花粉が気になる季節になってきました。花粉症を治すにはどんな方法があるのでしょうか?新しい治療法の舌下免疫療法やヨーグルトの効果などを調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

花粉症を治すにはどんな方法がある?

 

 

現在完全に治療する方法というのは存在しておらず、一般的な方法としては花粉症の症状を和らげる為の治療法になります。なので、花粉症にならないように対策することも必要です。

 

 

花粉症の時期には花粉を体内に取り入れないようにする事も大切です。マスクや花粉専用のゴーグル、メガネ、花粉を家の中に入れないようにしたり、部屋をこまめに掃除するということも大切です。それでも花粉症になってしまった。と言うときはどうしたらいいでしょうか?一般的な方法をいくつか紹介していきます。

 

 

まずは薬による治療です。抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、自律神経作用薬などが使用されることがあります。しかし、この薬は花粉症を治す薬では無く、症状を緩和するものです。よく耳にする抗ヒスタミン薬は神経や組織に結合してアレルギー反応を起こす前にその受容体と融合して花粉症を防止する働きがあり、極めて即効性が高いと言われています。

 

 

次に減感作用量法です。この治療法が一番根治治療法に近いものだと言われています。この治療法は花粉を少量皮下注射して、体が花粉に過敏に反応しないように体質改善を行うという方法です。

 

 

この方法は効果的と言われていますが、効果が現れるまで2年から3年ほどかかると言われていて、即効性がありません。長期間かけてでも花粉症を克服したい人にはおすすめの方法かもしれません。

 

 

続いてレーザー治療です。これは鼻づまりを起こす部分にレーザーを当てて粘膜を焼き、鼻水や鼻づまりを押さえるという治し方です。この方法には個人差があり、鼻水などの予防にしかならないので目のかゆみなどの症状を緩和することはできません。

 

 

最後に漢方薬です。花粉症の治療として用いられる漢方薬は小青竜湯、葛根湯、柴朴湯、小柴胡湯、荊芥連翹湯、麻黄附子細辛湯などがあります。漢方薬は正しく服用しないと副作用を起こしてしまう危険性があるので注意が必要です。

 

 

【白井田七。茶】

 

 

舌下免疫療法とその費用や効果について

舌下免疫治療法は花粉症の完治の可能性がある治療法と言われています。費用については以前は保険適応外の治療法で年間7万円くらいの費用がかかっていましたが、平成26年6月から3割負担になりました。

 

 

この舌下免疫治療法は上記で紹介した減感作業療法の皮下免疫療法と違って注射の痛みや通院の必要が無いことで注目されています。この治療法はスギ花粉の花粉症を持つ人に効果があって、治療効果は約80%とかなり高いです。しかし、ハウスダストや他のアレルギーを持つ人はこの治療を受ける事はできないということでした。

 

 

30年間花粉に苦しんだ私が自分のために考えました。

 

 

ヨーグルトで治る?効くヨーグルトと量は?

 
スポンサードリンク

 

花粉症に効果のあるヨーグルトの量は1日200グラムと言われています。これを毎日続けることが大切です。このヨーグルトを食べることによって乳酸菌が腸内で働き、腸内環境を改善することで免疫力が高まり。アレルギーである花粉症の症状も緩和されると言われています。

 

 

しかし、個人差があり、乳酸菌にはたくさん種類があるので自分にあう乳酸菌を見つけるためにいろいろと試してみることも大切です。そして、花粉症の効果を期待してヨーグルトを食べる場合は無糖のヨーグルトを食べることをおすすめします。

 

 

砂糖入りのヨーグルトは免疫力の低下を防ぐビタミンBを減少させてしまうので効果が薄くなってしまう可能性があるので注意してください。

 

 

これから花粉症の季節になります。しっかり対策して花粉症を予防して気持ちいい春を迎えましょう!

 

関連:花粉症の目薬でおすすめは?コンタクト用だけのランキング2017!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です