60代70代(シニア)の再婚や恋愛は多い?相続や親との関係はどうなるの?

 

60代や70代といったシニアの再婚や恋愛が多くなってきていることを知っていますか?他人のことなら応援もできますが、自分の親となると相続や親子関係など気になることはたくさんあります。

 

 

シニア婚活の現状や、親の再婚で相続はどうなるのか?ひとごとではなく自分の事に置き換えて考えると心配になってきます。

 

スポンサードリンク

 

60代70代(シニア)の再婚や恋愛は多いの?

 

 

どんどん増えていく高齢者ですが、60代や70代でも元気な方って多いですよね。

 

 

離婚や再婚も一般的になってきた近年、高齢者においては離婚だけでなく死別もあったりして、初婚ではなく再婚率が高いという傾向があるそうです。

 

 

大手結婚相談所が公表しているデータによると、50歳以上の婚姻件数が2000年前後を堺に上昇し、同時に離婚件数も上昇しているんだとか。

 

 

中高年やシニアを専門とした結婚相談サービスもどんどん登場していることから、需要の高まりを感じます。

 

 

「シニア婚活」といった名前から結婚を前提に考えているかと思えばそうではなく、シニア婚活の7割は結婚をゴールに考えていないという特徴もあるそうです。

 

 

パートナーや恋人、それこそ茶飲み友達といった幅広い交際相手を求めているということ。

 

 

再婚者率が高いことから、結婚の善し悪しを解っているし、子供や孫もいることで結婚は求めていないという考えのようです。

 

 

結婚を考えない気軽なお付き合いならいいんじゃないかと思う一方で、病気や介護が必要になった場合そういった気軽な相手は簡単に離れていってしまいます。

 

 

シニア婚活が増えていけば、制度的な問題点なども出てくるでしょうから今後も話題になりそうですね。

 

 

親の再婚で相続はどうなる?

 

シニア世代の再婚は子供も独立して世帯を持っている頃ですが、住居や財産といったお金に関することが一番の揉め事になりそうです。

 

 

子供の頃に親が離婚する場合は、財産分与や養育費に慰謝料といったことについては話し合われることは一般的ですが、「相続」についてまではほとんどの人が考えていないようです。

 

 

離婚すれば配偶者に相続権はなくなりますが、子供はどちらに引き取られても両親の相続権を持ったままです。

 

 

親が再婚しても、再婚相手と子供が養子縁組をしなければ再婚相手の相続は子供には関係ありません。

 

 

相続に関して言えば、親の再婚相手は子供にとっては他人のまま、実の両親の相続だけが関係してきます。

 

 

親が再婚しなければ全部子供に渡った財産が、再婚相手に半分持っていかれるとなれば面白くない人もいるでしょう。

 

 

お金だけならまだしも、実家が再婚相手のものになった日には、自分の居場所や思い出がなくなったように感じてしまいます。

 

 

そういった子供の気持ちも考えて結婚まではしないという人もいるかもしれませんが、相続には遺言書という制度があります。

 

 

シニア世代の結婚が増えると同時に、これからは遺言書の作成も一般的になってくるかもしれませんね。

 

 

親の再婚や恋愛で親子の関係はギクシャク?

 

スポンサードリンク

 

好きな人と一緒に過ごしたいという気持ちもわかる、いい大人になってもやはり自分の親がとなると冷静ではいられません。

 

 

どんな人なのか、騙されているんじゃないのか、別れてしまったら傷つくのではないか?と親が子供の結婚相手にとやかく言うのと同じように心配になります。

 

 

結局は本人の決めたことだからと応援するかもしれませんが、お付き合いとなると親の問題ではなく自分の問題になってきます。

 

 

義理とはいえ再婚相手は親になるわけですが、これまで全く知らなかった人を突然「お父さん、お母さん」なんて呼べません。

 

 

結婚相手の両親も義理の「お父さん、お母さん」ですが、この感覚とは似ているようで違った関係性です。

 

 

相続問題もですが、介護やお墓といった他人のままではいられない問題、実の親子ならこれまでの生活パターンや考えていることもなんとなく分かった気になります。

 

 

親子関係を築こうとギクシャクするよりも、他人なんだと割り切って腹を割って話合う方が楽かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です