プレミアムフライデーで公務員(学校教員や窓口)が休むのは無理がある?

 

今週末からプレミアムフライデーが始まります。このプレミアムフライデーで公務員の学校教員や役所の窓口はどうなるんでしょうか?休むのは無理があると思いますが色々と気になるプレミアムフライデーは一体どんな制度なんでしょうか?どんな人たちが利用できるのでしょうか?効果や意味なども調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

公務員はプレミアムフライデーを実地出来るの?

 

 

公務員と一口に言ってもいろいろな業種があります。例えば消防士や警察官は24時間働いている人がいます。なのでプレミアムフライデーを実施するのは無理だと思います。そして、先生も生徒がいますし、早く帰るというのはちょっと難しいかと思われます。

 

 

公務員でプレミアムフライデーを実施できそうなのは市役所の職員などでしょうか?しかし、サラリーマンなど、平日仕事をしていて普段役所で手続きなどに簡単に出向けない人はプレミアムフライデーを利用したいと思いますし、そういうことを考えるとちょっと現実的ではないかな?と思います。

 

 

公務員でプレミアムフライデーを実施しそうなのは、この案を推奨している関係各所などが率先して行うくらいでしょうか?実際にどうなっていくのかは始まってみないとわからない部分もありますね・・・。

 

プレミアムフライデーは意味あるの?その効果は?

プレミアムフライデーというのは月末の金曜日に仕事を早く終わらせて週末を楽しもう!という制度です。具体的には就業時間を15時くらいまでにする。というものです。企業の参加は強制ではなく、自由です。このプレミアムフライデーを実施することによって消費を増やして景気を良くしよう。という考えの元、創り出されました。

 

 

金曜日ちょっと早く帰れるから金曜日から旅行に出かけよう!と言う人がいたり、実際にこのプレミアムフライデーのためのプランがあったりするので効果はありそうな気もします。

 

 

しかし、そもそもこの制度が多くの企業で導入されるのか疑問ですし、サービス業の人は絶対早く帰れないですよね。ネットでは早く帰れる人が帰れない人の所に押しかける不公平な制度だと早くも批判の声も挙がっています。

 

 

果たして政府や経団連などが描くような効果が得られるのでしょうか?そしてこの制度に意味はあるのでしょうか?これも始まってみないと分からないかもしれません。

 

実地する企業は大手だけ?

 

スポンサードリンク

 

今名前が挙がっている企業は清水建設、大和ハウス、森永乳業、三菱自動車、住友商事、三菱地所、ソフトバンク、サントリーなど大手企業ばかりです。やはり中小企業などは難しいのかもしれませんね。

 

 

アンケートでも、自分の会社で実施されると答えている人は全体の3%しかいませんでした。実施されないと答えた人は45%と半分くらいの企業では行われないということが分かっています。

 

 

しかし、浸透させていくには大きな企業から少しずつ広がって行くしかないと思うので、今後、実施してみて効果があればどんどん導入する企業が増えるかもしれません。

 

今後プレミアムフライデーは浸透していくの?

今のところ、プレミアムフライデーの認知率は74%と、結構高い数字を出しています。それだけ注目している人が多く、特に女性はもしプレミアムフライデーが実施されるなら外出したいという人が80%もいました。

 

 

上記でも少し触れましたが、プレミアムフライデーに合わせて、いろいろな企業がイベントを企画したりしています。これが上手くいけば浸透していく可能性は十分あると思います。メリット、デメリットがあるとは思いますが、プレミアムフライデーを通じて日本の景気が良くなってくれればいいなと思いました。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です