韓国大統領の歴代末路(不祥事)がヤバい?任期は何年で年収(給料)は?

 

朴槿恵大統領が韓国で史上初、罷免されることになり、即時失職しました。実は韓国の歴代大統領は悲惨な末路(不祥事)を辿っているということをご存知ですか?一体どんな末路だったのか?韓国の大統領の任期が何年なのかや年収(給料)なども調べました。

 

スポンサードリンク

 

韓国大統領の歴代末路(不祥事)がヤバい?

 

 

韓国の歴代大統領は大統領を辞めた後に哀れな末路をたどっている人が多いということをご存じでしょうか?なんと9人中7人の元大統領が亡命、失脚、シケイ判決、懲役判決、ジサツなどをしています。

 

 

まずは初代~3代大統領だった李承晩(下)は養子が実の両親をサツガイ、自分自身も不正選挙を糾弾され、ハワイへ亡命。そのままハワイで亡くなります。次に4代大統領の尹譜善はクーデターで退任を余儀なくされ、その後軍法会議で懲役3年の判決を受けました。

 

 

5~9代の大統領だった朴正煕(下)は長男がヤクブツ服用で逮捕され、狙撃事件で奥さんが亡くなり、その後自身も暗殺されてしまいました。

 

 

10代大統領だった崔圭夏(下)は学生デモが収まらず、光州事件が発生しわずか8ヶ月で退任に追い込まれました。11~12代大統領だった全斗煥は光州事件において反乱首謀罪で死刑判決を受けました。その後恩赦。

 

 

14代大統領だった金泳三(下)は在任中に経済危機に陥ります。次男が利権介入による斡旋収賄と脱税で逮捕されました。15代大統領だった金大中は光州事件の首謀者として無期懲役の判決を受けます。息子3人を含む親族5人がお金がらみの不正事件を起こしました。

 

 

16代大統領だった盧武鉉(下)は韓国経済や外交を破綻に追いこんだと言われています。親族の不正が取りざたされる中、登山中に謎の滑落死を遂げました。

 

 

17代大統領だった李明博(下)は経済大統領だったはずが、格差拡大や生活難、就職難を招いた人物として評判が悪く、親族も逮捕され、本人も土地不正購入の疑いで捜査が及び退任に追い込まれました。

 

 

そして現在の大統領である朴槿恵大統領もいろいろな問題を抱えています。今後どんな道を辿っていってしまうのか・・・心配ですね。

 

関連:アメリカ大統領の給料や年収は?副大統領や歴代の人気大統領も

 

韓国大統領の任期は何年なの?

現在の韓国大統領の任期は5年で、再選はできません。仮に憲法改正により、任期延長や再選が解禁されたとしても憲法が変わったときの大統領には適用されないことになっています。この再選禁止規定は朴正煕による長期間の独裁を招いた反省の上に作られた規定だそうです。

 

 

この頃は大統領の人気は4年で再選は1回のみとされていましたが、朴正煕は本来は禁止されていて三選を可能にする憲法改正をしたりして結果16年もの間政権を維持し続けたそうです。それ以降の大統領はいずれも一期5年で退任されているということでした。

 

韓国大統領の年収(給料)はどのくらい?

 

スポンサードリンク

 

一年の報酬は1億9255万ウォンです。日本円にすると1919万円です。意外と少ないという印象です。職級手当が月320万ウォン、日本円にすると約30万円ほどです。年間だと360万円、食費手当が月13万ウォンで日本円にすると約1万3000円ほどです。

 

 

日本の総理大臣の年収がおよそ5000万円なので少し少ないことがわかりますね。しかし、韓国の大統領の権限は絶大で、在任中に不正を行っても刑事上の訴追を受けなかったりするので待遇としては韓国のほうがいいのかもしれません。

 

しかし、それが原因で過去の大統領たちは悲惨な末路をたどっているのではないかともいわれています。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です