澤口俊之はアスペルガー症候群?激やせは病気(がん)なのかや著書も紹介!

 

ホンマでっかTVに出演されている澤口俊之さんをご存じですか?とても有名な脳科学者なんですが、どんな著書が出版されているのか?ネットでアスペルガー症候群ではないか?と言われています。そんなネットで噂になっている激やせについてや、病気(がん)なのかなど検証してみました。

 

スポンサードリンク

 

澤口俊之はアスペルガー症候群?

 

 

ネットで調べてみると、澤口俊之さんはアスペルガー症候群ではないか?という人が多くおられました。ホンマでっかTVに出演されていて、そのときの言動や行動などからそうではないか?と疑っている人がいるようです。

 

 

しかし、具体的に理由を調べてみるとはっきりとした理由が出てこず、本当にアスペルガー症候群なのか?ということは分かりませんでした。個人的にはちょっと変わった人だなあとは思いますが、こういう頭の賢い人って変わった人が多いからなーという印象です。

 

 

そして、発達障害のことについて研究されていたりするので、「澤口俊之」と検索すると、発達障害やアスペルガー症候群という検索予測が出るので、本人がそうなのではないか?と疑う人が多いのかもしれません。

 

 

いずれにしてもアスペルガー症候群だという証拠はどこにもありませんでした。

 

関連:植木理恵(恋愛心理学者)のろれつが変なのは病気?うつ病の本の評判も

 

激やせの理由は病気(がん)?

澤口俊之さんの激やせを調べてみたのですが、特に激やせについての記述は見つかりませんでした。個人的にはもともと痩せている方なので激やせしたとは感じませんでした。病気についても特に情報はなく、がんという情報もありませんでした。

 

関連:ホンマでっかTVの長尾年恭(地震予知研究センター長)のプロフィールは?

 

澤口俊之の子育てや赤ちゃんのおすすめ本は?

 

スポンサードリンク

 

いくつかおすすめの本を紹介したいと思います。まずは「「やる気脳」を育てる 子どもの脳がぐんぐん育つ」という本です。こちらは幼少期での脳育成について書かれていて、学術的なことよりも事例証拠やエピソード証拠を交えて読みやすさを重視した本なので、気軽に読みやすい本だと言われています。

 

 

次に、「学力と社会力を伸ばす脳教育」です。こちらは効果が一生続く脳教育法は8歳までが勝負!広がる脳内格差に打ち勝つには就学前の一工夫で子供の脳をバージョンアップさせる。一生幸せな脳を作るなど最新の脳科学のことが書かれた本です。将来のことを考えて子供のために読んでみるのもいいかもしれませんね。

 

 

次に、「幼児教育と脳 [ 沢口俊之 ]」です。こちらも自分の子供が明るく元気に、愛情深く聡明で個性的に育って欲しいと願っていると思います。そうなるにはどうしたらいいのか?というのかこの本に書かれているそうです。この本は現場の人からは「幼児教育のバイブル」と賞されていて、ロングセラーを続けていると言うことでした。是非一度は読んでおきたい本かもしれません。

 

 

そして最後は「発達障害の改善と予防 [ 沢口俊之 ]」です。こちらは最近よく耳にする発達障害について書かれた本です。発達障害の多くは遺伝的リスクや遺伝子の突然変異などが原因であることもありますが、どれも脳機能障害というもので、生後の適切な環境や方法で改善や予防ができると書かれています。

 

 

この本では発達障害の改善は8歳以降になると困難になると書いてあります。なので、8歳未満の障がいを持った子供や、グレーゾーンと言われている子供を持った親御さんや関係者の方や今後出産を控えている人たちに向けた本だとされています。

 

関連:澤口俊之は離婚してる?娘や息子の学校はどこなのかや結婚相手の情報も

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です