鶴竜は横綱なのに弱いけど引退時期?優勝回数とかわいい画像も

 

角界は横綱が4人ということで盛り上がっていますが、横綱鶴竜が引退?とささやかれているようです。なぜそんな話が出てきたのでしょうか?弱いと言われてしまっている理由や優勝回数とかわいい画像なども詳しく調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

横綱なのに鶴竜は弱い?プロフィールも

 

 

名前:鶴竜 力三郎 本名:マンガルジャラビーン・アナンド

 

 

生年月日:1985年8月10日(31歳)

 

 

出身:モンゴル国ウランバートル市

 

 

所属部屋:井筒部屋

 

 

身長:186センチ

 

 

体重:155キロ

 

 

趣味:スポーツ観戦

 

 

四股名の「鶴」は部屋ゆかりの四股名「鶴ヶ嶺」からで「力三郎」は尊敬する部屋の大先輩である寺尾の四股名の下の名前に由来するそうです。

 

 

大学教授一家の裕福な家庭に生まれ、スポーツや勉強もできる優等生だったそうです。その裕福な家庭の環境から、自宅でNHKの相撲中継を見ていて、相撲に憧れ志すようになったそうです。2001年に来日し、同年の11月場所で初土俵を踏みました。

 

 

2014年の一月場所で13勝1敗で千秋楽、14勝全勝だった白鵬をくだし、優勝決定戦までもつれます。しかし、そこで破れ、初優勝を逃してしまいました。しかし、北の湖理事長は優勝に準じると評価したため、次の場所を綱取り場所とする見解を示唆しました。

 

 

そのつぎの場所で14勝1敗で優勝し、第71代横綱への昇進が決定しました。この2場所優勝をせずに横綱に昇進したのは27年ぶりだったそうです。

 

 

鶴竜は弱い?という事についてですが、初場所で10日目にして5敗するという37年ぶりの不名誉な成績を残してしまったことがあるようで、そこから「今世紀最弱の横綱」と言われてしまっているようです。

 

関連:高安(相撲)は毛深いけどハーフなの?剃らないのは沖縄出身だから?

 

優勝回数と引退の可能性について

横綱になってから優勝したのは2015年の九月場所と2016年の11月場所の2回です。上記でも紹介しましたが、鶴竜は弱い横綱だと言われています。優勝回数が少ないのもそう言われてしまう原因なのかもしれませんね。なので、引退勧告を受けるのではないかという噂もあるようです。

 

 

2015年には怪我で2場所連続で休場されていたり、今回の1月場所でも11日目から途中休場しています。年齢も31歳ということで、怪我が多くなってくると引退ということも可能性としてはありえるのではないかと思います。横綱が4人になってこれから相撲が盛り上がってきそうなのでもう少し頑張ってもらいたいですね!

 

関連:御嶽海の彼女や結婚に関する情報は?優勝の可能性や現在の成績について

 

石原さとみにそっくり?可愛い画像とは

 

スポンサードリンク

 

ネットで鶴竜を調べてみると石原さとみさんの名前が一緒に出てきます。調べてみると、石原さとみさんに似ている!と言われているようです。しかし失礼ながらとっても可愛い石原さとみさんに鶴竜が似ているはずないですよね。

 

 

なぜそう言われているのか詳しく調べてみると、どうやら顔が似ているというより、唇がぽってりしているところが似ているという事のようです。しかし、多くの人が石原さとみさんに似ていると思っているようで、比較しているサイトが沢山出てきました。

 

 

しかし、鶴竜は相撲女子の間では可愛いと言われているんだそうです。確かに笑うと目が無くなってとても癒やし系という感じで可愛いと言えば可愛いのかもしれません。犬に似ていて可愛いという意見もあるようです。性格もとても優しくて礼儀正しい方だそうで、たぶんそんな人柄も表情にでているのではないかなと思いました。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です