金井宣茂宇宙飛行士の家族構成と経歴は?出身地や年収なども紹介!

 

2017年の11月から宇宙ステーションに行くことが決まっている宇宙飛行士の金井宣茂さんをご存じですか?どんな方なのか気になるプロフィールや経歴、宇宙飛行士の年収などを調べてみました。結婚しているのかと家族構成や出身も紹介します。

 

スポンサードリンク

 

金井宣茂宇宙飛行士の家族構成は?結婚はしてる?

 

 

金井宣茂さんの家族構成や結婚されているのかどうかなどを調べてみました。しかし驚くほどに情報が無く、結婚されているのかどうか分かりませんでした。宇宙飛行士という職業は家を空けていることがほとんどで、とてもハードです。年齢は40歳ということですが、もしかしたら独身という可能性もあります。

 

 

実際に写真を見てみると左手の薬指に指輪をしていませんでした。宇宙飛行士はなるのも大変です。もしかしたら恋人を作る暇も惜しんで学ばれていたのかもしれません。

 

金井宣茂宇宙飛行士の経歴とプロフィールは?

名前:金井宣茂(かない のりしげ)

 

 

生誕:1976年12月

 

 

出身:千葉県

 

 

東邦大学付属東邦中学、東邦大学付属東邦高校を経て、防衛医科大学校医学科を卒業され、医師免許を取得したのちに海上自衛隊に入隊されました。

 

 

金井さんは潜水艦乗務員の長期閉鎖環境下での健康面や精神面について学び、その後、自衛隊関連の病院に勤務され、2009年、JAXAの宇宙飛行士選抜試験に参加し、最終選考まで進みました。この時は油井亀美也さんと大西卓哉さんが訓練生として選ばれ、金井宣茂さんは補欠として選ばれました。

 

 

そして今年、11月から国際宇宙ステーションへ長期滞在することが決まっています。ちなみに医師から宇宙飛行士に転身されたのは日本人で3人目だそうです。インタビューに応じられた際は、宇宙に挙がったときは日本の実験はすべて自分がやると意欲を示されたほど、自分の売りは科学実験だと自負されているそうです。

 

 

潜水医学を専門とされていたので、宇宙ステーションという閉鎖環境下での医学的知識を発揮されることも期待されているのだと思います。凄いですね。

 

宇宙飛行士の年収(給料)は?

どのくらいだと予想しますか?宇宙飛行士と聞くと、限られた優秀なひ人しかなれない職業なので、給料も・・・と夢が膨らみますね。調べてみると、JAXA職員給与規程が適用されるということでした。採用時の給料は大卒30歳で約30万円、35歳で36万円となります。専門的な職業ですが、思ったほど給料は高くありませんでした。

 

 

また、年に一回の昇給と年2回の賞与があり、扶養手当、住宅手当、通勤手当、特殊勤務手当などが支給されるそうです。その他の待遇としては独身寮や、世帯向けの宿舎が用意されていたり、各種社会保険、契約保養施設やスポーツクラブなどが利用できるということでした。年収にするとだいたい1000万円くらいだということです。

 

 

金井宣茂さんだと、宇宙飛行士になる前は医師をされていたということで、恐らく宇宙飛行士になったことで収入は以前よりも下がっている可能性のほうが高いです。それでも宇宙飛行士を志されるというその情熱や意思は凄いものだと思います。

 

宇宙飛行士の虫歯がダメな理由は?

 

スポンサードリンク

 

宇宙飛行士は虫歯があるとなれないというのを聞いたことがありませんか?これは虫歯になってはいけないという事ではなく、虫歯があっても治療がしっかりとされていれば問題がないそうで、詰め物をしていても大丈夫なんだそうです。

 

 

ではなぜ虫歯がダメだと言われているかというと、宇宙空間で着る宇宙服の中は約0.3気圧に減圧されているそうです。宇宙飛行士はこの減圧環境で作業を行い、宇宙船の中では宇宙服を脱いで1気圧の環境にもどります。

 

 

この作業を繰り返していくと、虫歯や不十分な治療の歯があると酷い歯痛が起こることがあるそうです。もし歯が痛くなってしまったら痛み止めの薬を飲むそうですが、それでも収まらない場合はフライトサージャンの指導の下、他の宇宙飛行士に抜いてもらわないといけないそうです。

 

 

宇宙では歯を削ったりすることは現状、できません。歯を抜く訓練を地上で受けてから宇宙に行くということでした。それほどに歯って大事な物なんですね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です