猫舌って治る治らない?治療法と克服する方法はあるのかと原因も紹介!

 

猫舌で悩んでいるという人は結構おられるのではないでしょうか?猫舌だと料理が美味しく楽しめない・・・と思っている人も少なくないと思います。猫舌って治すことができるのでしょうか?猫舌になってしまう理由や治療法、克服する方法、原因などを調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

猫舌って治るの?治らないの?

 

 

猫舌でネット検索をすると、「治し方」や「克服方法」などを検索している人が多いようです。それだけ多くの人が猫舌で悩んでいるようです。確かに熱いものは熱いうちに食べた方が美味しいと思いますし、治せるものなら治したいですよね。

 

猫舌は下記で紹介していきますが、治すことができるそうです。どうやって治すのでしょうか?それはなぜ猫舌になるのか原因や理由も関係してきます。

 

なぜ猫舌になるのか原因や理由は何?

そもそも猫舌の人とそうでない人の違いってなんなんでしょうか?猫舌は生まれつきだったり遺伝だったりするのでしょうか?調べてみると、専門家が言うには、舌の構造や温度を感知する神経などの個人差はほぼないんだそうです。

 

 

舌の構造は、先端に行くほど熱に敏感で、奥になるとそれほど熱に敏感ではなくなるという構造でそれは誰にも当てはまることだということでした。実は猫舌の人とそうでない人の違いは、「舌の使い方」がうまいかどうか?ということなんだそうです。

 

 

猫舌の人は熱いものを飲んだり食べたりするときに熱に敏感な舌先を前に出したまま口にものを入れてしまい、そこで「熱い!」と感じでしまって食べられないということでした。

 

 

そもそも小さい頃は誰しもが舌の使い方が上手くなくて、たいていは舌先で食べようとするんです。なので小さい子供の頃は誰しもが猫舌からスタートするんです。そこから成長する過程でいろいろな熱い食べ物を食べたり飲んだりしていく中でどうやったら熱さを感じにくい食べ方ができるのか舌の使い方を自然と習得していきます。

 

 

遺伝については、調べてみると、舌の微妙なテクニックが身につくかどうかは家庭環境や食習慣が大きく関係してしまうそうです。なので遺伝ではありませんが、猫舌な親の子供は小さい頃に積極的に熱い料理が並ばないという理由から猫舌になりやすくなってしまうということはあるようです。

 

治療法と克服する方法とは?

 

スポンサードリンク

 

克服する方法としては簡単に言ってしまうと、「舌先で熱い食べ物に触れない」ということが一番大切になってきます。でもそれができたらはじめから猫舌になってないですよね。なので具体的にどうすればいいのか考えてみました。

 

 

まずは熱いものは舌の中央に乗せて食べるようにしてみましょう。そうすれば、舌の先に当たるよりも熱さを感じないと思います。なかなか難しいですが、チャレンジしてみる価値はありそうです。

 

 

次に試してみたいのは舌の先を下の歯茎に隠すというやり方です。猫舌の人傾向として、口を開けて食べ物入れるときに舌で迎えにいってしまっているというひとが多いそうです。なので舌の先を隠してなるべく熱いものが触れないようにします。これは熱い飲み物をすするときにも使えます。是非試してみてください。

 

 

初めのうちはやけどしてしまうこともあると思いますが、慣れな部分もあります。いきなり熱々のものじゃなくて少しずつ試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です