家入レオの目はつり上がりすぎ(怖い)かもしれないけどほっぺたがかわいい?

 

一度見たら印象に残る目力とかわいいほっぺた(頬)を持ったアーティスト、家入レオさん。家入レオさんの目はつり上がりすぎ(怖い)なのか、みんなの印象や、生い立ち、性格についてなど調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

家入レオの目はつり上がりすぎだけど評判は?

 

 

家入レオさんの「レオ」という名前は目がライオンっぽいというところから事務所の社長が名付けたと言われているくらい目がとても特徴的ですね。そんな家入レオさんの目の評判を調べてみました。

 

目つきが悪くて怖いという人と可愛いという人で意見が分かれていました。確かにちょっと他に見たことがないくらいの目のつり上がりだと思います。個人的にも初めて家入レオさんを見たときはすごい目がつり上がった人だなと思いました。ネットでも家入レオさんを見た子供が目が怖い!と言ったと書いてありました。

 

しかし、この目の感じが可愛い!好み!という人も多いようで、家入レオさんをネットで検索すると可愛いという意見が沢山見られました。確かに、ちょっとキツく見えますが、目力が強い感じで見慣れると怖いというよりは魅力的なチャームポイントといった感じですね。

 

とっても印象的で家入レオさんと言えば「目力」とほとんどの人が答えるのではないでしょうか?

 

家入レオのほっぺた(頬)がかわいい?

 

 

家入レオさんのほっぺたについて調べてみましたが、ネットではほっぺたについての情報はあまりないんですがふっくらしていてかわいいと思います。太っているわけではないのですが、ぷっくりとした感じがたまりません。

 

家入レオの生い立ちは?

 

スポンサードリンク

 

生まれは久留米市で育ったのは福岡市ということでした。かなり小さい頃から音楽が身近にある家庭で、幼少の頃からピアノを始められ、小学生の頃は合唱部に入っていたそうです。その頃から音楽や演劇などに興味があったということでした。

 

しかし、家庭環境があまり良くなかったそうで、両親とは一緒に住めず、親戚の家を転々とされていたそうです。この頃はわがままを言うと家にいられなくなるかもしれない・・・と思いながら生活されていたそうです。

 

歌手を目指すきっかけとなったのは13歳の時に聴いた尾崎豊さんの「15の夜」だったそうです。そして音楽プロデューサー西尾芳彦主宰の「音楽塾ヴォイス」に入門されました。

 

 

 

2011年に、親の反対を押し切り、上京して都内の高等学校に通いながら楽曲制作やライブ活動を行われていました。この頃は両親の反対を押し切ったため、勘当されたも同然な状態だったそうです。しかし現在は両親と和解され、良好な関係を築かれているということでした。

 

そして2012年にシングル「サブリナ」でメジャーデビューを果たしました。反対されても諦めずに自分の気持ちを貫き通した家入レオさん。凄い芯の強いぶれない心をもった方だと言うことがわかりました。

 

 

 

家入レオの性格きつい?良い?

上記で目つきのことについて触れましたが、見た目だけ見るとかなり性格がキツそうだなという印象を持つ人が多いかもしれません。しかし、小さい頃、親戚の家を転々とされていたときは自分の感情が表に出せず、控えめな性格だったこともあるそうです。

 

そんな家入レオさんですが、意外にも天然な一面もあるとか。見た目はキツそうに見られがちですが、本当は控えめで、でもしっかりと芯のある、一度決めたことはやり抜く力を持った方なんだと思います。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です