金博洋(ボーヤンジン)の顔はかわいい?3種類の4回転を飛ぶって凄いの?

 

フィギュアスケート男子の中国選手、金博洋(ボーヤンジン)さんをご存じですか?今とても注目されている選手なんです。顔がかわいいと言われている様ですが気になるプロフィールや、金博洋さんの跳ぶジャンプについてなど調べてみました。3種類の4回転ジャンプが出来るようです。

 

スポンサードリンク

 

金博洋(ボーヤンジン)の顔ってかわいいの?

 

 

リンクでスケートを滑っているときは「宇宙人」「天才」などと言われている金博洋さんですが、競技以外ではとても可愛らしい一面を持っているとネットで話題となっていました。もちろん顔も可愛らしい!と評判で、ファンも多いということでした。

 

この金博洋さんの可愛さにみんなが気づいたきっかけと言われている出来事が、2015年のNHK杯でした。表彰台に上がったのが羽生さんと無良さんと金博洋さんでした。日本のマスコミが日本人のツーショットを撮るときに彼は気を使って壁にわざわざ隠れていたそうです。

 

そんな様子を見た視聴者が可愛らしいなと感じたということでした。他にもちょっとおっちょこちょいな一面があったり、競技中とはまた違う一面が見られて、そのギャップにやられているというファンが多いと言うことです。

 

 

 

金博洋の名前の読み方とプロフィールは?

 

名前:金博洋(きん はくよう/ボーヤンジン)

 

金博洋さんは中国出身のフィギュアスケーターです。名前の読み方ですが、中国語だとジン(姓)ボーヤン(名)さんと読みます。「きん はくよう」さんは漢字を日本語読みした名前です。

 

テレビ放送ではNHKやテレビ朝日などは日本語読みされることが多いと言うことでしたが、フジテレビでは英語読みで「ボーヤンジン」さんと呼んでいるということでした。

 

生年月日:1997年10月3日(19歳)

 

出身:黒竜江省ハルビン市

 

好きな選手:羽生結弦・プルシェンコ・ヤグディン

 

好きなエレメンツ:ジャンプ

 

嫌いなエレメンツ:ステップ

 

両親は陸上の800メートルの選手で金博洋さんも走ることが好きだそうです。でもそれ以上にスケートが好きということでした。やはりアスリート一家だからなんでもこなせちゃうんでしょうか?

 

フィギュアスケートを始めたのは7歳の時に競技会を見たことがきっかけで、国際大会デビューは2011-2012シーズンのアジアフィギュア杯のジュニアクラスでした。そしてこの大会で優勝をされています。その後、本格的に国際大会に参戦され、ジュニアクラスで多くの大会に出場されました。

 

シニアデビューは2015-2016シーズンで、このデビュー戦で銀メダルを獲得されています。四大陸選手権ではFSで史上初めて四回転ジャンプを四度成功させ、同時に史上初めて1大会で4度の四回転ジャンプを成功させました。今シーズンは世界選手権で銅メダルを獲得されました。

 

金博洋の3種類の4回転を飛ぶって凄いの?

 

スポンサードリンク

 

金博洋さんは現在は、ルッツ・サルコウ・トゥループという3種類の4回転ジャンプが飛べます。現時点で4回転ルッツは現役選手の中で金博洋さんしか跳べないそうです。

 

フィギュアスケートのジャンプには全部で6種類のジャンプがあり、その中で一番アクセルジャンプが難しいとされています。それは他のジャンプより半周多く回らないといけないからです。そしてルッツはアクセルの次に難しいジャンプなんです。

 

どんな風に難しいのか言葉で説明するのが難しいのですが、簡単にいうと他のジャンプより無理のある体勢からジャンプを強行しないといけないということでした。あの羽生結弦さんも3回転ルッツで波があると言われているのに、金博洋さんはそれを4回転でやってしまうというところがかなり凄いということです。

 

しかも3回転のジャンプとコンビネーションで跳んだりするのでさらに凄いということでした。なので金博洋さんの身体能力は素晴らしいということがわかります。

 

次のオリンピック、日本では羽生結弦さんや宇野昌磨さんが注目選手かと思いますが、この金博洋さんも確実にメダル争いに加わる選手だと思います!注目したいですね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です