恐竜博物館(福井)の車や電車でのアクセスは?最寄の高速インターや混雑状況も

 

北陸新幹線が開通して、ますます北陸に行きやすくなりました。そんな福井県で注目のスポットが恐竜博物館です。そこで今回は、福井の恐竜博物館へ行くための車や電車のアクセス方法や混雑状況、最寄りの高速インター、チケットの情報などを調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

福井の恐竜博物館へのアクセス方法【車編】

 

 

福井県恐竜博物館は福井県の勝山市というところにあります。石川県方面から向かう場合は北陸自動車道丸岡ICから国道416号を経由し約40分かかります。滋賀県方面から向かう場合は北陸自動車道福井北JCT・ICから中部縦貫自動車道永平寺大野道路から国道416号経由で約40分かかります。

 

 

石川県白山市白峰からだと国道175号経由で約30分ほどかかります。東海北陸自動車道を利用する場合は中部縦貫自動車道白鳥JCT・ICから中部縦貫自動車道から国道158号を通って国道157号を経由して約1時間半ほどかかります。

 

駐車場はかつやま恐竜の森の駐車場が無料で利用できます。乗用車1500台のスペースがあるそうです。

 

 

各主要都市からの所要時間は東京からだと東名、名神、北陸自動車道を使って約7時間。大阪からだと名神、北陸自動車道を使って約3時間半。名古屋からは2つルートがあり、名神、北陸自動車道を使うルートと、東海北陸自動車道白鳥JCT経由のルートがあります。

 

 

どちらも約2時間半かかります。詳しい経路は公式のHPでも紹介されているのでチェックしてみてくださいね。

 

福井の恐竜博物館へのアクセス方法【電車編】

電車の場合は、JR福井駅を下車、えちぜん鉄道勝山永平寺線「勝山行き」に乗車します。(770円)約1時間で勝山駅に到着するのでその後、コミュニティバスで15分です。

 

もしくはJR福井駅にてJR越美北線「越前大野」(670円)または「九頭竜湖」に乗り換えます。越前大野駅で下車してタクシーで20分です。

 

 

公式HPでは環境への配慮からできるだけ公共の機関を利用することをお願いされています。混雑のことも考えると電車などを利用した方がいいかもしれませんね。

 

 

年間を通しての混雑状況は?

予想される混雑状況を考えると、やはり土日や祝日、春休みや夏休み、ゴールデンウィークなどが混むようです。特に夏休み期間中やゴールデンウィークは特に混み合うようです。そして恐竜博物館ならではの混み合う日があります。

 

それが毎月第3日曜日の「家庭の日」と毎年2月7日の「ふるさとの日」は常設展観覧料金が無料になるそうで、凄く混み合うそうです。紹介する時期に当てはまる時に行く場合は混雑を考えて行った方がいいですし、休みが取れるなら平日に行く予定を立てた方が良さそうですね。

 

コンビニ(ローソンなど)での割引や子供の割引情報は?

 

スポンサードリンク

 

恐竜博物館は観覧料が必要になります。この観覧料は常設展示場を観覧するのに必要な料金で、特別展が開催されている場合、それを見るためには別途観覧料が必要になります。

 

個人の場合は小学・中学が260円、高校・大学が410円、一般が720円かかります。ローソンチケットで購入すると発券から1ヶ月間有効なチケットを買うことができます。しかし割引などはなく、値段はそのままでした。ただ、混雑するような時期に行きたい場合は事前にチケットを買うことで入場がスムーズになります。

 

お子さんは上記で紹介した通り未就学児は無料になります。ただし年齢を証明する物が必要だそうです。その他にも身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳を持っている方も手帳を提示すれば無料になるそうです。

 

関連:恐竜博物館(福井)の恐竜ルームやコテージの宿泊情報は?ランチとお土産も

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です