日比谷オクトーバーフェスト2017の混雑状況は?メニューと値段の情報も

 

日比谷オクトーバーフェストというドイツビールの飲めるイベントをご存じですか?今回はこのイベント日比谷オクトーバーフェスト2017の混雑状況の予想や、メニューやその値段の紹介、口コミなどを調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

日比谷オクトーバーフェスト2017の混雑状況は?

 

 

日比谷オクトーバーフェストの過去の混雑状況を調べてみました。こちらの日比谷会場は新橋や霞ヶ関といったオフィス街から近いこともあるので平日でも仕事帰りの人が多く、混雑することがあります。

 

なので夕方から夜にかけてなどはテーブルに空きがなくなってしまうほど混雑してしまうようです。なので週末となると更に混雑が予想されます。

 

特に金曜日は夜7時から9時頃まで、土曜日と日曜日は昼2時から夕方5時頃が混雑すると予想されていました。なのでこの時間帯は避けた方が無難かと思われます。比較的空いていて、行きやすい時間帯は日曜日の午前中など早い時間です。朝からビールを飲むなんて贅沢ですね。

 

混雑していても入場制限などはされないようですが、なかなかテーブルが見つからないということはあるようです。実際に行った人の撮影した写真を見ると、テーブルなどがなく、公園の通路にある手すりに座ってビールを飲んでいるという人までいました。

 

席を予約するということもできないのでまずは席を確保してから飲み物と食べ物を買いに行った方が良さそうですね。

 

日比谷オクトーバーフェストのメニューと値段は?

 

 

イベントに出店が予定されているのは14店舗でした。だいたいビールの値段は500㎖で1000~1500円くらいでした。フードメニューはとても豊富でした。なかでもやっぱりソーセージがいろいろな種類販売されるようです。値段はだいたい400円~2000円くらいで、盛り合わせのようなものもありました。

 

他にもベーコンやエビのフリッター、プレッツェルなどもありました。詳しくは公式HPに写真付で掲載されているのでチェックしてみてください。

 

イベントの詳細と会場の場所や雨天時について

 

スポンサードリンク

 

オクトーバーフェストとはドイツのミュンヘン発祥のビールイベントで、東京では日比谷での開催が元祖で今年で15年目を迎えるそうです。他にもお台場や奈良、東北などでも開催が予定されています。ドイツビールやソーセージなどのドイツ料理が楽しめ、ドイツのコンサートなども開催されて、とても楽しいイベントになっています。

 

開催場所は日比谷公園噴水広場で、入場料は無料です。ただし一杯目のビールを頼む際にグラス預かり金を払う、デジポット制が導入されています。なので一杯目は預かり金1000円とビール代を支払います。

 

 

そして帰るときにグラスを返却すると預かり金は返却されます。割ってしまったりするとお金は返ってこないので注意してください。

 

開催期間は6月2日から11日まで平日開催時間は16時から22時で土日は11時から22時までです。ラストオーダーは21時半になっています。

 

イベントの口コミ情報は?

口コミを調べてみると、いろいろな種類のドイツビールを楽しめるということで口コミサイトでの評価は高めでした。ステージでは演奏があり、みんなで踊ったりもできるというところも人気でした。

 

ただ、少し値段設定が高めだという声もありました。確かにビールもフードメニューも少し高めかな?と感じました。しかし、良い天気の日は外でビールが楽しめるイベントなので一度は行ってみたいなと思いました。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です