寒天の栄養素や効果的な食べ方は?長寿にいい理由とカロリーや原料も

 

寒天はとても健康にいい食べ物だということをご存じですか?今回は寒天に含まれている栄養素や効果的な食べ方。長寿にいい理由やカロリーと原料など調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

寒天の栄養素は?

 

 

寒天は8割が食物繊維でそれ以外にカルシウムや鉄分、カリウムなどの微少ミネラルを含んでいます。

 

寒天に含まれている食物繊維は胃酸で分解すると糖質に変化します。食物繊維そのものに栄養はありませんが、この糖質には抗酸化作用があるという研究報告があります。

 

なので寒天はダイエットだけでなく、アンチエイジングにも役立つと注目されています。

 

次にカルシウムです。カルシウムは骨や歯を丈夫にする働きがある大事な栄養です。特に女性は年を取るとホルモンバランスが崩れて体内でカルシウムを作る能力が衰えてくるそうなので気を付けないといけませんね!

 

カリウムは塩分の摂り過ぎによって血圧が上がるのを抑制してくれます。腎臓が老廃物を排出する作用を促進する働きがあります。高血圧の予防や血圧のコントロールのために是非カリウムは摂りたい栄養素ですね。

 

寒天の効果的な食べ方は?

寒天の効果的な食べ方を調べてみました。まず、便秘を解消したい場合の効果的な食べ方は、1日6グラムから7グラムの寒天を目安に摂取することが勧められています。あまり沢山取り過ぎると逆に食物繊維が腸に詰まってしまって便秘になると言われています。注意してください。

 

食べる時間などについては特に決められていませんでした。便秘を解消するには最低でも2週間続けた方がいいそうです。

 

次にダイエットの為に食べる場合です。この場合は寒天ゼリーなどを食事の前に食べます。なぜ食事の前なのかと言うと、寒天がお腹で膨らんで満腹感が得られるからです。つい食べ過ぎてしまう夕食前に寒天ゼリーを食べて食べ過ぎを防ぎます。

 

寒天は寒天自体に味がないので料理に使ったり、スイーツに使ったりとなんでも使うことができます。なので飽きずに食べられるんじゃないかと思います。ダイエットについても便秘解消についても続けることが大事です。まずは2週間。続けてみてください。

 

寒天のカロリーと原料について

 

スポンサードリンク

 

寒天は天草(てんぐさ)という海藻を干した保存食として販売されています。天草を煮たものを漉して箱に入れて固めた後に凍結と解凍を繰り返して乾燥させて作ります。

 

寒天には四角い棒状や糸状、パウダー状といろいろな形で販売されています。寒天はカロリーがゼロだと思っている方が多いと思いますが、実はごくわずかですがカロリーがあります。

 

寒天100グラムあたり3グラムがカロリーだそうです。なのでほぼないといってもいいくらいです。このカロリーが少ない理由は寒天がほとんど食物繊維でできているからです。しかし上記で紹介したとおりいろいろな栄養素が含まれているのでとても健康にいいんです。是非積極的に食事に取り入れたいですね。

 

長寿にいい理由とは?

長野県は寒天の生産量が日本一で、古くから伝統食としても寒天が日常的に食べれています。長野県の長寿の秘訣はこの寒天だと言われています。もともと長野県は寒さが厳しいので必然的に塩辛いものを好む食文化でした。

 

この塩分の高さが健康に影響を及ぼしてしたそうですが、減塩活動と寒天の豊富な植物繊維とミネラルを摂ることを意識することで2010年から長寿県1位に輝いているそうです。

 
そういったことから寒天は長寿にもいいと言われています。ダイエットにもアンチエイジングや長寿にも効く寒天。是非意識的に摂取していきたいですね!

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です