ミズオオトカゲの餌や値段や寿命はどのくらい?毒があるから飼育は無理?

 

ミズオオトカゲ(ブラックデビル)というトカゲをご存じですか?タイにいるようですが成長するととても大きくなるトカゲです。個人で飼育できるのか?餌や値段や寿命はどのくらいなんでしょうか?また、毒があるのかも詳しく調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ミズオオトカゲの餌と値段と寿命は?

 

 

ミズオオトカゲは肉食性で、野生では小型のほ乳類や鳥、は虫類、鳥やは虫類の卵、両生類、魚類、昆虫類、甲殻類などを捕獲して食べています。

 

飼育する場合はゆで卵や冷凍のピンクマウス、ひよこなどを与えるそうです。

 

栄養のバランスの偏りを防ぐ為にもできるだけいろいろな種類の餌を与える方がいいそうです。

 

また、毎日餌をあげる必要はないそうで、成体のミズオオトカゲは3~5日に1回を目安に与えるそうです。

 

寿命は平均で20~30年とされていて、飼育環境が整っているとより長生きする生き物です。

 

値段について調べてみましたが、ネットなどで販売しているサイトでは値段が表示されていませんでした。

 

大型のトカゲだと10万円ほどするようなので購入するとしたらそのくらいかかるのではないかと思います。

 

ただ、ミズオオトカゲを飼うのは購入するときよりも管理維持や飼育していくためのお金のほうがかかるようです。

 

個人でもミズオオトカゲの飼育は出来る?

個人でもミズオオトカゲの飼育はできます。赤ちゃんの頃は手に乗るサイズでとても可愛らしく、は虫類が好きな人やそうでない人でも可愛い!と思うかもしれません。

 

しかし、上記でも少し触れましたが、飼育するための場所や時間、運動なども必要ですし、寿命も20年以上で、大人になるととても大きく成長します。

 

安易な気持ちで飼育を始めると、手に負えなくなるという可能性が大いにあります。

 

もしミズオオトカゲを飼おうと思っている人はしっかりとシュミレーションして飼育するための勉強をして実際に成長したミズオオトカゲを見て、判断してください。

 

あとは基本的には虫類は大きくなるにつれておとなしくなる傾向があるということでしたが、人に慣れない個体もいます。

 

大暴れしたり噛みついたりする場合があるので飼う際は個体選びと覚悟が必要になると実際にミズオオトカゲを飼っている人が言っておられました。毒はないようなので、安心してください。

 

日本の動物園にもいるの?

 

スポンサードリンク

 

調べてみるとミズオオトカゲを飼育している動物園がありました。まずは札幌市円山動物園です。

 

他には東山動物園や、天王寺動物園でも飼育されています。都内近辺で見られる動物園だと、上野動物園と横浜市の野毛山動物園があります。

 

こちらの動物園ではは虫類や両生類の展示数が多いので好きな人は嬉しいんじゃないかなと思います。

 

ミズオオトカゲはタイでは食用なの?

タイの中でもどこでも食べられているというわけではなく、東部のコーンケーン県というところではよく食べられているということでした。

 

ユーチューブで捌き方や調理方法が見られるということでした。あまり見たくはない動画ですね・・・。

 

味については鶏肉に近い感じで、少し水分の少ない感じと言うことでした。タイでは普通に公園などにミズオオトカゲにいるそうです。

 

食用として育てられているのか?というところまでは分かりませんでした。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です