東京フィルハーモニー交響楽団の年収や給料は?コンマスやレベルについても

 

東京フィルハーモニー交響楽団をご存じですか?

 

楽団員の気になる年収や給料、コンサートマスターの役割についてや楽団のレベルについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

東京フィルハーモニー交響楽団の年収や給料は?

 

 

東京フィルハーモニー交響楽団の年収について調べてみました。

 

しかし東京フィルハーモニー交響楽団は給与を公開していないということでした。

 

資料を公開している楽団は全部で18楽団あり、その平均年収は536万円ということでした。

 

ずば抜けて最高額なのはNHK交響楽団で958万円(平均44歳)で700万円以上に読売交響楽団、500~700万円クラスに東京都交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団など、400~500万円クラスに広島交響楽団、神奈川フィルハーモニー交響楽団など、300万円以下には関西フィルハーモニー交響楽団がありました。

 

一般的なオーケストラでは年収250万円~500万円程度ということでした。

 

オーケストラの楽団員の年収というとほとんどの楽団員は給料だけでは生活していけないため、他の講演にエキストラで出演したり、個人レッスンのバイトをしたりと、副業をしている人も少なくありません。

 

東京フィルハーモニー交響楽団というと結構名が知れた楽団なので年収としては500万円~くらいのクラスには入るのではないでしょうか?

 

ちなみにエキストラ出演などの副業はリハーサル1日5000円~1万円、ゲネプロと本番で1万5000円~2万円ほどが相場ということでした。

 

コンサートマスター(コンマス)の紹介?

 

コンサートマスター(コンマス)とはオーケストラの演奏をとりまとめる職を与えられた人の事を言います。

 

一般的には第一ヴァイオリンのトップ奏者がこの職を担います。

 

これが女性の場合はコンサートミストレスといいます。

 

役割は演奏全体のとりしまりは指揮者の役割ですが、実際の細かな音の出だしや切る位置、絶妙なニュアンスは指揮では示しきれないところが多く、演奏者としては楽器を演奏するコンサートマスターの方が、細かいニュアンスがわかりやすいことが多いそうです。

 

演奏者は指揮を見るのと同時にコンサートマスターを見て演奏をします。

 

コンサートマスターはそれに応えて指示を出しているということでした。

 

他にもコンサートマスターは指揮者の指示を補ったり、指揮者がいない場合に代理を務めたりします。

 

そのため、コンサートマスターを務めるのは実力があり、かつ団員や指揮者からの信頼の厚い人でないといけません。

 

東京フィルハーモニー交響楽団のレベルは?

 

スポンサードリンク

 

東京フィルハーモニー交響楽団のレベルについて調べてみました。

 

東京にあるプロの交響楽団は沢山ありますが、もっとも良い評判が多かったのがNHK交響楽団でした。

 

次いで読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団と続きました。

 

東京フィルハーモニー交響楽団も評判がよく、東京の楽団の中では上位に入る評判ということでした。

 

しかし、音楽の善し悪しは聴く人の好みに大きく左右されますし、もともとの資金が潤沢な楽団がやはりクオリティが高いようです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です