カマキリの寄生虫(ハリガネムシ)なぜいるの?水を使った出し方の動画は?

 

「寄生虫」この言葉を聞いただけで、なんだか背筋がゾワゾワしてなりませんね。

 

ハリガネムシという寄生虫は一本の線のような形をしている生き物です。

 

個体差がありますが、体長は数センチのものから1メートルに達するものもあるそうです。

 

この記事では、カマキリになぜハリガネムシ(寄生虫)いるのかや水を使った出し方などについて紹介します。

 

スポンサードリンク

 

なぜカマキリに寄生虫はいるの?

 

 

ハリガネムシは元々水の中にいる生き物ですが、陸上にいるカマキリに寄生します。

 

その流れは、ハリガネムシの幼虫を捕食したカゲロウやトンボの幼虫などの虫をカマキリが捕食するというものです。

 

食物連鎖上、カマキリは寄生虫から逃れられない運命なのかもしれませんね。

 

もし見事にカマキリへ寄生できたら、勝ち組のようなもの。

 

ハリガネムシの宿主となったカマキリは生殖能力を失ってしまい、ただハリガネムシへ栄養供給をする役に徹します。

 

 

ハリガネムシは宿主となったカマキリの体内で勝手に栄養を摂ってぬくぬくと成長し、成虫になったら宿主を水辺へと誘導するそうです。

 

その時にカマキリのお尻から脱出し、水中で交尾・産卵をしてその一生を終えます。

 

ちなみに、ハリガネムシが出て行った後のカマキリは死んでしまうそうです。

 

水を使った寄生虫の出し方は?

 

「寄生虫?気持ち悪いッ‼」と思う方が大半だと思いますが、怖いもの見たさってありますよね?

 

ハリガネムシは、宿主の尾を水に浸すだけでニョロリと出てきます。上に画像あり

 

なお、一匹の宿主に対して複数のハリガネムシが寄生している場合があるので、ある程度覚悟して臨みましょう。

 

宿主は死んでしまいますが、少しでもハリガネムシに興味のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

人間や犬猫にも寄生する?

 

スポンサードリンク

 

例えば、ハリガネムシの幼虫を魚が食べてしまったとします。

 

その魚を人間が食べるとどうなると思いますか?

 

まるでSF映画のように脳を洗脳されて水辺に飛び込んでしまうのでしょうか?

 

まぁそんな怖いことがあったら、ニュースに出ていますのでご安心を。

 

ハリガネムシは昆虫を宿主にする生き物なので、魚に食べられた場合は死んでしまうそうです。

 

ですから人間には基本的に寄生することはありません。

 

万が一、誤飲した場合でも人が本能的に吐き出そうとしますし、ハリガネムシが口から這い出てくることもあります。

 

寄生される危険性は低いものの、ハリガネムシの幼虫が生息している川や池などの水辺で遊ぶ際には、その水を体内に取り込まないように注意しましょう。

 

カマキリに寄生虫がいるかどうかの見分け方はある?

 

寄生虫がいるかどうかは、カマキリのお尻を水につけることで分かります。

 

もし、寄生虫がいた場合カマキリは死んでしまいますが、これが一番手っ取り早い方法です。

 

しかしカマキリにもたくさんの種類がいて、それぞれ生息する場所も異なりますので、必ずしも寄生されているわけではありません。

 

さいごに

 

身の毛がよだつようなハリガネムシの話でしたが、いかがでしたでしょうか?

 

私たちにとっては、寄生虫は本当にただ気持ち悪い存在だと思いますが、寄生されたカマキリは最終的に水辺に棲む生き物の糧になります。

 

寄生虫がいるからこそ自然界のバランスが保たれているのです。

 

スポンサードリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です