借りぐらしのアリエッティの声優が下手?評判や感想はどうなの?

 

金曜ロードショーでも放送されますがジブリ映画、「借りぐらしのアリエッティ」をご存じですか?

 

声優についてや、作品の評判や感想。物語のその後についての考察など調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

声優が下手?

 

 

借りぐらしのアリエッティの声優をつとめているのは芸能人の方で豪華に固めてあります。

 

まずはアリエッティは志田未来さん。

 

 

アリエッティの母親、ホミリーが大竹しのぶさん。

 

アリエッティの父親、ポットが三浦友和さん。

 

小人のスピラーが藤原竜也さん。

 

人間のほうの翔が神木隆之介さん。

 

 

アリエッティの暮らす屋敷の住人牧貞子が竹下景子さん。

 

屋敷の住み込みの家政婦、ハルが樹木希林さんです。

 

芸能人の方が声優をすると話題にはなりますがどうしても批判も出てきます。

 

やはり声優を職業として活動されている方に比べると・・・と思う人が多いようです。

 

声のせいで面白さが半減している、声が気になって集中できないなど結構厳しい意見が目立ちました。

 

個人的にはそんなに気にならなかったのですが・・・どうでしょうか?

 

神木隆之介さんは俳優ですが、声優をされることも多いのでうまいのではないかな?

 

と思いました。

 

評判や感想について

 

映画自体の評価や感想について調べてみました。

 

まずは映画の描写についてですが、とても綺麗に描かれていて、色彩も鮮やかだという好意的な評価が目立ちました。

 

こびとならではの生活や背景の描き込みも細かく、圧倒されたとコメントされている方もいました。

 

こびとの生活では人間が使うものを可愛く取り入れたシーンなどもあり、どちらかというと女性の受けがよいような印象を受けました。

 

そして音楽です。

 

物語と合った音楽で、サントラを買いたい!

 

と思ったという人もおられました。

 

登場人物それぞれが魅力的で引き込まれたという感想もあります。

 

こびとが登場する、のほほんとした温かいだけの映画かと思ったらドキドキ、ワクワク感のある物語だったという意見もありました。

 

全体的に見て結構好意的な感想が多い印象を受けました。

 

評価の良くない人は声優について書かれているという人が多く見られましたね。

 

物語のその後についてや続編はあるの?

 

スポンサードリンク

 

物語は、心臓の悪い翔とアリエッティが出会い、関わって冒険してアリエッティ一家は新たな家を探す旅に出ることになります。

 

翔は心臓病の手術を受けて生きる決意を固め、「キミはボクの心臓の一部だ」と伝え、角砂糖と髪留めを交換し別れるという所まで描かれていました。

 

さて、物語のその後ということですが、翔の心臓病の手術がどうなったのか?

 

ということとアリエッティがその後どうなったのか?

 

というところが気になる所ではないでしょうか。

 

個人的な想いとしては翔は手術が成功して元気になって大人になるにつれてアリエッティの事は忘れていってしまう・・・

 

アリエッティはアリエッティで新たな場所で幸せに暮らした。

 

というのがいいなと想いますが、詳しく考察されている方のHPを見てみるとどうやらそうは行かないのではないかと言うことでした。

 

まずは翔の病気についてですが、助かる確率は低く、亡くなってしまったのでは?

 

ということでした。

 

そう考えられる理由としては物語の中で「生きる」という表現がないということでした。

 

そして心臓病を患っている翔が走って苦しそうにするというシーン。

 

わざわざ走って苦しいという描写を入れるということは・・・

 

と考えると自然ではないかという考察でした。

 

しかしこれは一部の考察なので物語の受け止め方はそれぞれだと思います。

 

一度見た!と言う人もまだ見たことがないという人も是非見てみてください。

 

スポンサードリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です