打ち上げ花火の聖地巡礼!場所は千葉県飯岡町(旭市)のどこなの?

 

映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』が公開され、気になるのはロケに使われた場所(イメージとして使われた場所)が実際に存在するのかしないのか。

 

この映画では声優に広瀬すずさんと菅田将暉さんが出演していることから注目されています。

 

今回は映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の聖地巡礼について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

映画「打ち上げ花火」の聖地の場所は?

 

 

早速調査していきますが、打ち上げ花火の聖地の場所は海沿いの場所で千葉県ということです。

 

映画の映像を見ていると「風力発電や」「もしも駅」とかが出てきます。

 

もしも駅という名前の駅は存在しないようですが、1車輛のみの電車が走る場所で風力発電がある場所。

 

地図で調べてみたら「旭市」「神栖市」「東庄町」などの周辺がそれっぽいですね。

 

 

広い・・・・どこだろう。

 

もうwikiで調べてみよう。

 

ということでwikiで調べてみました。すみません。

 

 

この作品の撮影はプロデューサーの原田泉がこのドラマのプロットを読み、この町以外にないと断言した千葉県海上郡飯岡町(現在の旭市)で実際に行われた。

 

また、ロケは飯岡町以外に千葉県海上郡海上町(現在の旭市)、旭市の隣の市である銚子市でも行われており、子供たちが通う小学校は銚子市立豊岡小学校で当地の生徒をエキストラに撮影された。

 

特に、典道となずなが電車を待つシーンで使われた飯岡駅、典道の自宅として使われた家などは、放送後数年間に渡り、この作品のファンが訪れる姿が見られたという。

 

この地は、この作品の大ファンである山崎貴が監督して2000年に公開された映画『ジュブナイル』の舞台にも使用された。

 

wikiより

 

どうやら千葉県海上郡飯岡町という場所らしい。現在は旭市になっている様です。

 

というか原作のドラマがあるようです。

 

映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』は1993年にフジテレビでドラマとして放送されました。

 

 

[DVD] 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? Third Edition

 

映画に出てくる駅は?

 

スポンサードリンク

 

千葉県の飯岡町について引き続き調査。

 

とりあえず、飯岡駅はここです。

 

 

地図で見るとここです。

 

 

飯岡駅は2009年に新しくなってしまったので、今はこんな外観です。

 

飯岡灯台も見ておきましょう!

 

 

次の聖地としては飯岡灯台がいいかも。

 

住所は〒289-2704 千葉県旭市上永井1309−1

 

 

銚子市立豊岡小学校も見ておこう

 

 

 

原作の典道となずなは誰?

 

典道:山崎裕太(現在)

 

子役時代

 

なずな:奥菜恵(現在)

 

子役時代

 

スポンサードリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です