オオカミウオの味や食べ方は?見られる水族館と値段や釣り船の情報も

 

オオカミウオという魚をご存じですか?

 

この魚は水深50メートルから100メートル付近に生息している海水魚で、見た目はとっても強面な魚です。

 

このオオカミウオの見られる水族館の情報やオオカミウオ料理、値段や釣り船の情報など調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

オオカミウオって食べられるの?どんな味?

 

 

オオカミウオは見た目がとっても強面ですこしグロテスクな見た目の魚です。

 

正直この魚の写真をみて美味しそう!とテンションが上がる人って多くないと思います。

 

そんなオオカミウオですが、食べられます。

 

ただ調べてみると、鮮度が落ちると悪臭を放つらしく、注意が必要です。

 

魚の味自体はほとんどなく、淡泊な白身の魚だそうです。

 

調理法としてはフライや唐揚げ、焼き物などが向いているようですが、魚の味そのものが薄いので塩焼きには向かないということでした。

 

特に油を使用する調理に向いています。

 

油を使わない調理法だと臭みが強く出てしまう可能性があるようです。

 

実際のレシピを少し紹介していきたいと思います。

 

 まずはフライです。

 

普通に調理してタルタルソースなどで食べると美味しいということでしたが、ポイントとしてはビールを少し衣に混ぜることです。

 

これは臭み消しと同時に衣をカリッとさせるためのものです。試してみてください。

 

次はソテーです。

 

こちらはたっぷりのバターでこんがりと焼き上げます。

 

バターの香りがオオカミウオの臭みを消してくれるようです。

 

味としてはとても柔らかく上品な味わいで、少し独特な食感があるようです。

 

なかなか普通では手に入らないようですが、手には入ったら是非調理してみたいですね!

 

オオカミウオがいる水族館は?

オオカミウオが見られる水族館は全国で3カ所ありました。

 

まず一つ目は福岡県福岡市の東区にある「マリンワールド 海の中道」というところです。

 

 

こちらは海の中道と呼ばれる砂州にあり、魚の他にもラッコやアザラシ、ウミガメなどが展示されているそうです。

 

二つ目は北海道小樽市にある「おたる水族館」です。

 

 

見どころは自然の海岸を利用した海獣プールです。

 

オオカミウオは北の魚たちという水槽で飼育されているようです。

 

三つ目は北海道室蘭市にある「市立室蘭水族館」です。

 

 

こちらは市立なので入館料が安く、北海道最古の水族館として知られています。

 

いくらで売られているの?値段は?

 

スポンサードリンク

 

オオカミウオを購入できるところを調べてみるとインターネットで販売しているサイトを発見しました。

 

こちらでは予約注文という形になっていましたが、とても稀少な魚のため、気長にお待ちいただける方のみご購入くださいと記載されていました。

 

金額はサイズによって幅があるようですが、4900円から10500円で購入できるようです。気になった方は注文してみてはいかがでしょうか?

 

シーレッシュ

 

 

釣り船の情報は?

オオカミウオはオホーツク海などの寒い海に分布している大型魚です。

 

東北地方北部から北海道あたりで捕れるようなので釣り船で釣りにいくならその地域まで行く必要があります。

 

2017年8月29日に、知床ウトロの釣り船の牛若という船ではオオカミウオが釣れたそうです。

 

この牛若という船はウトロの人気遊漁船として知られているようで、実際にオオカミウオを釣ってみたい!と思った方は問い合わせてみてはどうでしょうか?

 

簡単に釣れる魚ではないようですが、とても大きくてもし釣れたらすごいと思います。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です