堀川真理(女子バレー)はハーフなの?彼氏や出身などプロフィールを紹介!

 

女子バレーの堀川真理さんをご存じですか?

 

一体どんな方なんでしょうか?

 

気になるプロフィールや経歴、魅力など調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

堀川真理はハーフなの?

 

 

堀川真理さんはお父さんがカナダ人でお母さんが日本人のハーフです。

 

国籍は両方持っているということでした。

 

堀川真理のプロフィールは?

 

名前:堀川真理

 

愛称:ジュリ・まりりん

 

生年月日:1992年5月3日(25歳)

 

出身地:東京都葛飾区

 

身長:183㎝

 

出身校:共栄学園中学校・共栄学園高等学校

 

所属:東レ・アローズ

 

ポジション:OP/S

 

バレーボールを始めたきっかけは母親の知り合いの友人がバレーボールの監督をしていたからだそうです。

 

学校は地元の学校だったようです。

 

この共栄学園高等学校はバレーボール選手の益子直美さんなどの多数の選手を輩出しています。

 

スポーツが盛んな学校のようです。

 

バレーは春高バレーにも出場するほどの実力がある学校です。

 

堀川真理さんは2007年に開催されたJOCジュニアオリンピックカップではエースとして大会に出場、JOC/JVAを受賞しました。

 

翌年アジアユースバレーボール選手権では見事優勝し、最高殊勲選手に選ばれました。

 

その翌年にも世界ユース選手権に出場し、5位だったもののベストスパイカー賞を受賞しました。

 

2011年からは東レ・アローズに入部します。

 

しかし、このころ東レ・アローズには木村沙織選手などとても有力な選手が多数所属していて出場機会に恵まれることはありませんでした。

 

そんな苦しい時期を乗り越え、2017年3月に日本代表に選出されました。

 

東レ・アローズでも耐えて耐えてレギュラーの座を掴みました。

 

堀川真理さんは引退した木村沙織さんの穴を埋める選手としてとても注目されています。

 

身長が高く、攻撃と守備のどちらもできる選手なので最終メンバーに残れるといいなと思います。

 

堀川真理の魅力は?

 

スポンサードリンク

 

堀川真理さんの武器はサウスポーです。

 

右利きアタッカーが多いバレーボールでは左利きはとても貴重な存在です。

 

ブロックの付き方やタイミングが右利きの選手に比べて取りづらいようです。

 

またサウスポーがいるとレフトとライトどちらからでも強力なスパイクを打つことが出来ます。

 

これは右利きの選手はレフトからスパイクが打ちやすく、逆に左利きの選手はライトから打ちやすいからです。

 

これは諸相に対してトスが正面に上がるためです。

 

さらに公式のデータによるとスパイクの最高到達点は298㎝となっていますが、ピッタリのタイミングで踏み切れた時は3メートル越えのジャンプを飛ぶことができます。

 

身体能力の高さもエースとしての資質を十分持っている選手と言えるでしょう。

 

堀川真理の元気の源とは?

 

美味しいものを食べてストレス解消。

 

子供の頃はパン屋さんになることが夢だったという堀川真理さん。

 

とっても食べることが好きなようです。

 

そんな彼女の元気の源は「HARIBO」です。

 

このハリボーというのはどうやらヨーロッパのほうのお菓子のグミのようです。

 

ゴールドベアという熊の形をした6種類のフルーツ味のグミキャンディやハッピーコーラというコーラの瓶をかたどったグミキャンディです。

 

他にも外国製のグミを取り扱っているようです。

 

パッケージのくまを見たことある!という人もいるかもしれません。

 

結構好き!という人が多いみたいです。

 

堀川真理さんもこれを食べてバレーを頑張っておられるんですね。

 

スポンサードリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です