女子バレー中田久美監督は結婚してる?若い頃や子供や過去の成績は?

 

女子バレーの監督をされている中田久美さん、現役時代はとっても凄い選手でした。

 

そんな若い頃や、怖いエピソードなどを調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

中田久美監督は結婚してる?子供は?

 

 

現役当時から綺麗な方として有名で、若いときにはモデルをされていたほどの中田久美さん。

 

結婚されているのか調べてみると、現在は独身のようです。

 

しかし、以前は結婚されたようです。

 

元夫の方は歴史学者の林亮勝さんの息子さんで林隆夫さんと言う方です。

 

高校球児で春の甲子園大会にも出場経験があるスポーツマンです。

 

お子さんについて調べてみましたが、お子さんについての情報はありませんでした。

 

中田久美監督の若い頃は?成績は?

 

中田久美さんは中学進学と同時に親元を離れ、バレーボールを始められたそうです。

 

中学2年生になるとバレーボールの指導者として有名だった山田重雄さんが設立したLAエンジェルスの2期生としてバレーボールの英才教育を受けました。

 

そしてみるみるうちに才能を開花され、当時最年少15歳でバレーボール女子日本代表に選ばれました。

 

高校はバレーボール漬けの生活と両立させるために通信制のNHK学園高等学校に進学されました。

 

その後、日立製作所の女子バレーボールチームに進み、スタメンとして自身の活躍が全勝優勝に繋がるなど大活躍され、新人王を獲得されました。

 

そして1988年のソウルオリンピックでは銅メダルを獲得。

 

1992年のバルセロナオリンピックに出場され、同年の末に現役を引退されました。

 

中田久美さんは天才セッターと呼ばれ、アタッカーを自由に動かして打たせるタイプと言われています。

 

オーバーハンドパスを額より高い位置で取り始めたのは中田久美さんが初だったそうです。

 

てめえらコノヤローって何?

 

スポンサードリンク

 

このてめぇらコノヤローというのは2004年6月の事でした。

 

2000年に行われたシドニーオリンピックに出場できなかったバレーボール全日本女子がアテネオリンピック出場権を獲得した直後、選手とともに中田久美さんもフジテレビのスポーツ番組の「すぽると!」の生放送に登場したときです。

 

このとき、番組放送直前の打ち上げで酔いがさめやらぬままに番組出演。

 

選手たちは行き過ぎた浮かれ具合とはしゃぎぶりでキャーキャーと盛り上がり、司会の質問が聞き取りにくくなるほどでした。

 

生放送前に当時全日本の主将だった吉原知子さんに立腹寸前の表情で

 

「ちゃんと真面目にやろうね。」

 

と注意していたそうです。

 

しかし業を煮やしていた中田久美さん。

 

直後にテレビ画面が試合映像のVTRに切り替わり、アナウンサーが試合模様を解説し始めた途端、本人のマイクがオンだったままの知らずに突然女子選手に向かって

 

「てめぇら、コノヤロー」

 

と大声で一喝されたそうです。

 

さっきまで賑やかだった女子選手の気を引き締め、同時にスタジオを凍り付かせた。

 

その怒鳴り声が全国に流れてしまったということでした。

 

もしかしたた当時の放送を見ていた方もいるかもしれませんね。

 

ユーチューブでも動画があるようなので気になった方はチェックしてみてください。

 

中田久美さんはこのことでフジテレビの出入禁止を覚悟したほどだったそうですが、そういったことはなく、逆にバレーボール協会のスタッフから

 

「色々ご指導ありがとうございました」

 

と感謝の言葉をもらったそうです。

 

このエピソードだけ聞くととっても怖いイメージしかありませんが、普段はとても優しくていい人なんだそうです。

 

バレーに対しての気持ちが熱く、厳しいときは厳しく!

 

という事ができる方なんだなと思いました。

 

監督としてこれからの活躍を期待したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です