胃薬は牛乳やお茶やお酒などの飲み合わせで効果0?正しい飲み方とは?

 

胃薬などお薬を飲むとき皆さんは何で飲まれていますか!?

 

牛乳やお茶などで飲まれていませんか!?

 

飲み合わせが悪いと効果は0になってしまうんです。

 

今回は、胃薬名地を正しく飲む飲み方などを調べてみました。

 

胃薬と牛乳の飲み合わせは!?

胃薬とお茶の飲み合わせは!?

お酒の直後に胃薬はNG!?

胃薬とジュースは!?

 

飲み合わせについていろいろと見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

胃薬と牛乳の飲み合わせについて

 

 

食べ物には、食べ合わせがあるように飲み物にも飲み合わせというものが存在します。

そしてお薬との飲み合わせというのもあります。

 

胃薬と牛乳の飲見合わせはどうなのか見ていきましょう。

 

お酒を飲むときに悪酔い防止のため、胃に膜を作るから牛乳を~ということを

聞いたことがないでしょうか!?

 

実はこの効果が薬を飲むときに一番注意したいんです。

胃酸が胃の中にあるのを知っていますよね。

 

胃薬には胃酸の調整をする効果が含まれているんです。

そこで牛乳を飲んでしまうと胃酸を調整できなくなります。

 

牛乳が膜を作ってしまうためです。

牛乳を飲んでしまったらお薬を飲むのは最低でも2時間程度開けてください。

 

関連記事:風邪薬の飲み合わせで牛乳やヨーグルトなどの乳製品は良くない?

 

胃薬とお茶の飲み合わせは効果ない?

 

では胃薬とお茶であれば問題ないのか気になりますよね。

お茶といってもいろいろな種類があります。

 

ウーロン茶・緑茶・ほうじ茶など。

以前は、お茶で飲んではNGといわれていることが多かったようです。

 

それは、お茶に含まれるタンニンが化学反応を起こしてしまい、

胃薬が吸収されやすいことが懸念されていたから。

現在はそこまで心配はされなくなっています。

 

出先でどうしてもお茶しかない場合は、仕方ないので飲んでも大丈夫です。

でも基本はお水で飲むのが一番です。

 

これは薬全般に言えることです。

他のもので飲むように薬は作られていません。

 

また、お水なしで薬を飲むというのも一部のものを除いてはやめてください。

うまく運ばれないことによって喉などで溶けると炎症を起こしたりしてしまいます。

 

お酒を飲んだ直後に胃薬はダメ?

 

スポンサードリンク

 

飲み合わせをご紹介していますが、その中で一番注意してほしいのがお酒です。

お酒は皆さんご存知の通り、アルコール分を含んでいますよね。

 

アルコールは、肝臓で分解されるのです。

また胃薬も同様で肝臓で分解されます。

 

お薬は飲んだらすぐ効くわけではなく、効果が出るまでに時間もかかりますよね。

 

肝臓で分解される胃薬はアルコールと合わせて飲んでしまうと肝臓に負担がかかりすぎてしまうんです。

絶対にアルコール類で飲むのをやめてくださいね。

 

胃薬とジュースはどう?

 

胃薬とジュースの飲み合わせもまた同様にいろいろとあります。

ジュースの中でも注意が特に必要なのは、柑橘類のジュースです。

 

柑橘系のジュース類は酸性が強いです。

胃薬と一緒に飲んでしまうと中和してしまい、効果が得られなくなってしまいます。

 

炭酸ジュースなども一緒に飲むと炭酸を中和してしまいます。

こちらも柑橘系と同じですので注意が必要です。

 

種類別にいろいろと飲み合わせを見てきました。

やはりお薬を飲む時は、お水で飲むように心がけてください。

 

それ以外のもので飲むと、効果が0になることもあります。

そして逆効果になることもあります。

お薬を飲むときは十分注意してくださいね。

 

関連記事:風邪薬と栄養ドリンクの飲む時間や間隔は?カフェインがヤバいってホント?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です