正月のかまぼこはなぜ高い?冷凍すると(す)がヤバいけど賞味期限は?

 

年末年始は何かと忙しくなる主婦の方。

おせち料理に入れるものとしてかまぼこを

使われる方は結構いるのではないでしょうか。

 

でもなぜだかその正月かまぼこって高いですよね。

 

今回は、そんな疑問を調べてきました。

 

正月かまぼこが高い理由はいったい何!?

正月かまぼこを冷凍すると賞味期限はどうなるの?

冷凍してしまうと起こるスってかまぼこはやばい!?

 

上記の点を交えながらお話していきたいと思います。

かまぼこの栄養やカロリーについても見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

正月のかまぼこはなぜ高い?

 

 

お正月に売られているかまぼこは、なぜ高いのか?

 

理由を調べてきました。

 

通常のかまぼこの質とお正月用のかまぼこの質では、全く違うんです。

 

配合している魚の種類も違いますし。

 

それを聞くと何となく納得ができませんか!?

 

通常のかまぼこには、輸入魚のすり身などが混ぜられています。

 

しかしお正月用のかまぼこはというと、

 

ハモ・ワラズカ・アマダイ・ムツ、エソ・沖ギス・ヒラメ・カレイなど通常は、

 

あまりかまぼこの材料として使われないものばかりをよく練り魚・塩など殆ど人工的なものが混ぜられていません。

 

手間暇かけられ作られているためどうしても高くなるのです。

 

お店に行って是非見てみてくださいね。

 

どこが違うのか一目瞭然ですよ!

 

冷凍後の賞味期限は?

 

さてせっかく買ってきたけれど余ったり食べれなかったりすると冷凍保存をする方もいるのではないでしょうか。

 

冷凍保存したものの賞味期限はいったいどれぐらいなのかも気になりますよね。

 

基本的には、1か月程度と思っておいてください。

 

一か月以上保存してもダメとは言えませんが、保証はできません。

 

冷凍すると(す)がヤバい?

 

スポンサードリンク

 

かまぼこなどや練り物製品それ以外にも冷凍するとすが入ってしまうものがあります。

 

(す)が入ってしまうと解凍しても風味や食感を損なっているために全く美味しくありません。

 

冷凍の仕方次第で、(す)が入らず上手に冷凍することができますよ!

 

覚えているとほかの者にも応用ができるので是非覚えておいてくださいね。

 

『冷凍方法はコチラ』

①金属トレーを事前に冷凍室に入れ冷やしておく。

②できる限り薄めにスライスする。

③一枚ずつ空気が入らないようにラップをかける。

④ジップロックにいれ金属トレーの上に並べたような状態で冷凍保存をする。

 

この方法ですると「す」は入りにくく、食感なども変わりにくいです。

 

関連記事:伊達巻の意味は学問成就?縁起物でめでたいと言われるその由来は?

 

かまぼこの栄養とカロリーは?

意外に栄養面で万能なかまぼこ!

 

どのような栄養素が含まれているかPICKUPしていくと次のようになります。

 

・ビタミンB群
・カルシウム
・DHA(脳の活性化・血液のサラサラ化)
・EPA(血栓予防に効果的)
・良質のたんぱく質

 

脂肪分は少ない割にたんぱく質は豊富です。

 

カロリーも低めの140kcal程度で、DHAとEPAを一緒にとることで吸収力を高めることができます。

 

かまぼこは、弾力があるため噛むことの練習にも最適ですね。

 

お正月には薄めに切って盛りつけるようにしてあげてください。

 

子供からお年寄りまで誰でもが簡単に食べられる万能の食品として新年のおせちのおともにいつもとは違う少し高級なかまぼこを入れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です