コンビニの添加物の危険性(影響)とは?多い食品少ない食品はどれ?

24時間いつでも開いている私たちの生活にとっても身近なコンビニ。

帰りがどんなに遅くても、くたくたに疲れて料理をする気力が残っていない時も、お給料日前で外食するのがちょっと苦しい時も、ありがたい存在ですよね。

 

でもコンビニ弁当ばかり食べていると体に悪いのでは?と思っている人も多いはず。

 

今日はそんなあなたにコンビニ弁当に含まれている添加物とその危険性(影響)、添加物の多い食品少ない食品を上手に選ぶポイントをご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

コンビニの食べ物は危険なの?

近頃コンビニ各社でも、安全性をアピールした商品も増えてきましたよね。大手コンビニのHPでは

 

「おにぎり、お弁当の合成着色料・保存量の不使用」

 

→流通を見直し、なるべく新鮮な状態で加工、販売する努力により、品質が良い状態で店頭に並べられるようになってきたため、不使用が可能になりました。

 

※一般的な保存料としての記載は

安息香酸・・・発がん性、白血病のリスク、胃腸の粘膜に影響の可能性

ソルビン酸・・・発がん性、遺伝子や染色体に影響の可能性

プロピオン酸・・・胃痙攣や嘔吐の症状を引き起こす可能性

しらこたん白・・・赤血球や肝臓に悪影響の可能性

などがあります。

 

※一般的な合成着色料の記載は

赤色〇号、青色○号といったような表記のものを指します。

自然界にはそのままの形では存在しないものを合成して作った着色料です。

中には発がん性やアレルギーを誘発するおそれがあるものもあり、外国では使用できないものもあります。

 

トランス脂肪酸の低減

→主にマーガリンやショートニングに含まれていて摂りすぎると悪玉コレステロールを増やす原因になるといわれています。

揚げ油や、パンやケーキなどの洋菓子類によくつかわれており、菓子パンや総菜パンをよく食べる方は要注意です。

 

リン酸塩の不使用

→インスタントラーメンやハム、ソーセージなどの加工肉に含まれており、摂りすぎると骨粗しょう症の原因になるといわれています。

 

これらのことは、すべてのコンビニで取り組んでいるわけではありません。

 

逆に言うとこれらの添加物は、使っていないですよ!と明言していないコンビニや外食店では当然のように使われてることも考えられるんですね。

 

それ以外にも添加物の種類は幅広く、PH調整剤、漂白剤、増粘多糖類、発色剤(亜硝酸ナトリウム)などなど、食べ物に気を付けていない人には聞きなれないものがたくさん使われています。

 

先の大手コンビニチェーンも上記の添加物については使っていないとは明記していないので、まったくもって無添加!ということではないのです。

 

賢く選びたい!添加物の多い食品・少ない食品

 

スポンサードリンク

 

では実際にコンビニに行ったときにどれを選べばより安全なのでしょうか。

そんな時はパッケージについている原材料をチェックしてみましょう。

たいてい商品の裏側に記載があります。

 

この中に書かれている名称は、ただ何となく並んでいるわけではなく、量の多い順に記載されています。

原材料の一番最初に書かれているものが、いちばん多く使われているものになります。

気になる食品添加物は、全体量に対しては少量になるので後ろのほうをチェック!見慣れない食品が数多く含まれていたら要注意です。

 

お店に行ってどれを買おうか迷ったときに栄養面ではなく、添加物の多い少ないで考えると、使われている材料の少ないものほど添加物の種類が少なくなります。

いろいろなおかずが入った幕の内弁当よりは、おにぎりやうどんといったように使われている食品の種類が少ないと、食品添加物が少なくなるので原材料表示を見比べつつ、よりシンプルなものを選ぶようにしてみてください。

 

また、おにぎりやサンドイッチなど、一見どれを選んでも一緒のような気もしますが、使われている具材によって添加物の量も変わってきます。

 

おにぎりだったらタラコや炊き込み系の味ご飯よりも塩むずびや、鮭がおすすめ。

 

タラコは加工する時点で、発色剤や化学調味料などを使って製造されます。

 

炊き込みご飯などの味ご飯ものには具材や炊き込む際の調味液にも添加物が使われているので原材料表示は複雑になっているはずです。

 

サンドイッチもハムやツナの入ったミックスサンドよりも、シンプルな卵サンドなど、といったようにできるだけ素材そのままの食材で作られているものを選ぶと良いかと思います。

 

ハム、ソーセージはタラコと同様に発色剤やリン酸塩が使われているので毎日食べるのは避けたいところです。

 

おいしい!には理由がある

料理の苦手な方や、外食に慣れている方は、たまに自分で作る家のご飯がおいしくない、物足りない、と感じることはありませんか?

 

それには理由があります。

 

コンビニに限らず、外食の多くは、消費者にとっておいいしい!と思ってもらえるようないろいろな工夫がされてます。

 

おいしい!と思ってもらえないと、売れませんから当然といえば当然ですよね。

 

その工夫というのは、私たちにとって好ましいものばかりではなく、食品添加物を使用した、見せかけの工夫もふくまれているんです。

 

現在使用が許可されている食品添加物の体に対する安全性は、100%保証されているわけではありません。

 

問題視されている食品添加物の歴史はまだ浅く、摂り続けた結果どれくらい体に蓄積されるか、自分の子供や孫に影響があるのか、正確にわからない部分も多いです。

 

あなたの体はあなたの食べたものでできています。

いざ病気になったとき後悔しないためにも、賢く選ぶ目を持つことや、安さや手軽さだけに惑わされないように、今日からできること、はじめてみませんか?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください