ニジマス(管理釣り場)の刺身は寄生虫で危険?栄養や生食について

手軽レジャーとしても人気が高い管理釣り場でのニジマス釣り。

初心者でも簡単に釣れるだけではなく、お子さん連れでも気軽に自然体験が楽しめます。

でもニジマスを釣ったのはいいけれど、生で食べていいのか、ちょっと気になりますよね。

そこで管理釣り場でのニジマスの安全性と、栄養情報をまとめてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ニジマスには寄生虫がいるって本当!?

ニジマスに寄生虫?ちょっと嫌な感じがしますが、魚介類に寄生虫がいることはよくあります。

代表的なのが、アニサキスやサナダムシです。

・アニサキス

色は半透明白色で大きさは体調2~3センチメートルほどです。

主に内蔵の表面に寄生していますが、筋内にも見られます。

人への影響ですが、ニジマスに寄生しているアニサキスは幼虫であり、アニサキスの幼虫は人の体内では成虫になれないので、通常排泄されます。

でも、ごくまれにですが、人の胃や腸壁に侵入することで、激しい腹痛を引き起こします。

・サナダムシ

淡いベージュ色(成虫)、白色(幼虫)をしており、大きさは体長2~3センチ(幼虫)、体長5~10メートル

寄生場所は背びれ、アブラビレのすぐ下の筋肉内です。

人に寄生して成虫になると、下痢、腹部膨満感などの消化器症状をおこします。

どうして寄生虫に感染するの?

魚介類はその魚が食べるエサを通して寄生虫に感染します。

ニジマスも例外ではなく、エサであるオキアミやケンミジンコを食べることで寄生されることがあります。

天然のニジマスは、これらのえさを食べるので、感染を防ぐことはできません。ですので天然のニジマスを生で食べるには注意が必要です。

寄生虫であるアニサキスやサナダムシは-20℃以下で24時間以上冷凍すると死滅するので、天然のニジマスが採れる北海道では、古くからニジマスを凍らしてから食べるルイベ、という食べ方があります。

尚、加熱によっても寄生虫は死滅するので、天然物でも中まで十分に加熱をすれば寄生虫の心配はいりません。

それに比べて管理養殖場のニジマスは寄生虫が存在しない配合飼料を餌として与えているので、寄生虫に感染することはないので安心して食べることができます。

ニジマスの栄養は?

 

スポンサードリンク

 

ニジマスにはどんな健康効果があるのでしょう。

ニジマスに多く含まれている栄養素は、ビタミンD、ビタミンB12、オメガ3系脂肪酸です。

それぞれの健康効果は主に以下の様なものがあるといわれています。

ビタミンDのうれしい働き

・骨や歯を丈夫にする効果

・糖尿病を予防する効果

・免疫力を高める効果

・インフルエンザを予防する効果

ビタミンB12のうれしい効果

・貧血を予防する効果

・神経機能を正常に保つ効果

・睡眠を促す効果

オメガ3系脂肪酸のうれしい効果

・血圧低下作用

・中性脂肪低下作用

・認知機能改善効果

ニジマスには、男性にも女性にもうれしい健康効果がたくさんあるんですね!

楽しく釣っておいしくいただこう

管理養殖場で釣ったニジマスは、生で食べても安心ですし、調理しても体にうれしい効果がたくさんあることがわかりました。(天然のニジマスは火を通すことで安心していただけます。)

魚嫌いのお子さんも、自分で釣ったニジマスなら、おいしく食べられるかもしれませんね。

今度のお休みには、お近くの管理釣り場に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください