まな板で木製とプラスチックの違いを比較!衛生面や木の種類と手入れについて

お料理をするときに欠かせない道具のまな板。

どんな素材のものを使っていますか?プロの料理人の方でも、木製のものを使っている方もいれば、プラスチック製のものを使っている方もいるし、いったい何を基準に使い分けをしているのでしょうか。

今日はあなたにはどっちがおすすめ?木製とプラスチック製のまな板のメリット、デメリットをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

木とプラスチック、どっちが衛生的?

きれいを保てるのはプラスチック

食品を直接乗せて使うものだから、使いやすさ以上に重要視したいのが衛生面。

誰でもきれいを保ちやすいのはプラスチック製のものです。

その理由は

  • もともと抗菌加工されているものがある
  • 漂白剤で殺菌ができる
  • 食器洗浄機で洗うことができる

などがあげられます。

気軽にお手入れができるのが大きな魅力なんですね。

それぞれのメリット・デメリット

とはいえ、木製のまな板にもいいところはあるんですよ。

それぞれのメリット・デメリットは

プラスチック製のまな板のメリット

  • 衛生的でカビが生えにくい
  • 形や大きさ、色の種類が豊富
  • 薄いもの、柔らかいものは曲げて使うことができる
  • すぐ乾く
  • 安い

プラスチック製のデメリット

  • 木に比べると固いので長時間使うと疲れる
  • 熱や油に弱い

木製のメリット

  • 木の種類によって抗菌作用がある
  • プラスチック製よりも柔らかいので長時間使っても疲れにくい
  • 香りや見た目がよい

木製のデメリット

  • プラスチックに比べると高価
  • 乾きにくくカビが生えやすい
  • 大きいものは重い
  • 使っているうちに反ってくるものがある

手軽に使いたい方はプラスチック、使い心地にこだわりたい方は木製、といった使い分けになりそうです。

 

スポンサードリンク

 

木のまな板の種類はどんなものがある?

木のまな板、と一言で言っても、木の種類によって特徴があります。

主な種類はひのき、ほお、とち、柳、いちょうなどです。

ヒノキは皆さんご存知の通り、良い香りがします。

あの香りには殺菌効果があるのでヒノキのまな板には防虫、殺菌効果があるといわれています。

また、イチョウや柳は木材の繊維が柔らかいので、包丁のあたりが柔らかく、包丁の刃を痛めにくいという特徴もあります。

素材によって値段はピンキリで、一枚板で大きいものほど値段が高くなります。

反対に複数枚の木材を張り合わせて作ったまな板は安価な傾向にあります。

木のまな板の手入れの方法はどうすればいい?

木のまな板は柔らかい分包丁の傷が付きやすいです。そのため、汚れをしっかり落とさないとカビの原因になります。使った後はできればたわしを使ってしっかりと汚れを落とし、さっと布巾で拭いてからしっかりと乾かしましょう。

もしカビが生えてしまっても木製のまな板ならかんなで削ったり、やすりで削れば新品のようによみがえらせることができます。木製が長く使えるのは削れるからなんですね。

結局どっち?

プラスチック製のまな板と木製のまな板を比べてみましたが、いかがでしたか?どちらにも良いところがあるので悩んでしまいますね。

使い心地を優先するか、衛生面を優先するか、悩ましいところですが、できればまな板を数枚用意して欲しいと思います。肉用、魚用、その他非加熱で食べるもの用、この3種類を用意してもらえると、衛生的にもさらに安心。

皆さんにとってより使いやすいまな板を選んで、安全においしい料理を作ってくださいね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください