福のラジオの相方(いまなみ)の笑い声がうるさいし不快?今浪のプロフィールは?

福山雅治さんのラジオ、福のラジオって知っていますか?

 

またそこで、相方を勤める「いまなみ」さんって、誰?気になる方も多いのではないでしょうか。というわけで、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

福のラジオ

 

福山雅治さんと、放送作家の今浪祐介さんがDJを勤めるFMラジオ番組です。

TOKYO FMをキーステーションに、全国38局で放送中です。

 

1996年、「福山雅治のSUZUKI Talking F.M.」(ふくやままさはるのスズキ トーキング エフエム)として始まりました。

この頃の放送時間は毎週日曜16:00-16:55でした。

 

2015年に「福山雅治 福のラジオ」と番組名が変わり、放送時間も毎週土曜14:00-14:55に変わりました。

現在も継続している人気番組です。

 

引用元:http://artist.amuse.co.jp/artist/fukuyama_masaharu/

人気俳優であり、アーティストとして、スマートでかっこいいイメージを保ち続ける福山雅治さんですが、ラジオでの彼のトークは、気取らなくて面白いです。

 

福山さんの低音の渋い声で繰り広げられるトークの裏で、笑ってる人が今浪さん、という印象です。

失礼ながら、あまりコメントしている印象はないです。

 

今浪さんのプロフィールは

引用元:https://www.kakugo.tv/person/detsp2zb.html

そんな今浪さん、どんな人なんでしょう?プロフィールは、

 

今浪 祐介(いまなみ ゆうすけ、1975年11月13日生)

日本の放送作家(構成作家)。

 

オフィスクレッシェンド所属。福岡県生まれ。中央大学文学部出身。

平仮名表記の「いまなみ ゆうすけ」名義でも活動している。

 

という事で、現在42歳のとのこと。

 

ラジオ番組のレギュラーは「福のラジオ」1本だけですが、水樹奈々さんのSay!You Youngや、平井堅さんのオールナイトニッポンの構成作家としても活躍しています。

 

福のラジオでも、もともとは構成作家だったのですが、コーナーによってはハガキを読む係なども担当しています。

 

中央大学在籍中から構成作家として活躍しているとのことで、40代ですが20年と長いキャリアです。

 

福山さんとも契約作家として、一緒にラジオで話したりはがきを読んだり、時には無茶ぶりにも答えているトークの腕前の持ち主です。

 

いまなみの笑い声がうるさい?

 

スポンサードリンク

 

ネットでのいまなみさんの評判をみてみると、たしかに

「笑い声がうるさい」と、言われている事も。

 

どうかなと思うのですが、確かによく笑っている印象が多いのと、あと、声が高いので、なんとなく、話している時は福山さんの低音ボイスと聞き分けやすくていいのですが、笑い声は正直うるさく感じなくもないですね。

 

 

福のラジオにとって、なくてはならない存在

 

そんな今浪さんなのですが、契約作家という形で福山さんの「福のラジオ」に携わっているということで、福山さんにとってトークをしやすいだけでなく、番組を作る上でも、大事な存在であることがわかります。

 

福のラジオの内容は、リスナーからの投稿を紹介するコーナー「ふつおたReading」(普通のお便りの略、「ふつおた」)の他に、

 

「スター☆雅秋の相談室」福山雅治扮する福山雅秋が、「妻が福山雅治を愛しすぎていて、自分の立場がない!」という投稿にこたえるというコーナー。

 

他にも、「Hotel de 福山」「聞いてよ!福山おじさん」などなど、いろいろなコーナーがあります。

 

こういった番組構成を考え、福山さんの魅力を最大に引き出しているのも、今浪さんのサポートあっての事なのだと思います。

福山さんが気持ちよく話せるように笑っているのかなと思うことがあります。

 

実際、他のゲストの方のトークの時は笑い声がそう大きくないですし。

 

福山雅治のオールナイトニッポンも、惜しまれつつ放送終了し、ラジオの「国王」とまで言われる福山雅治さんのトークを聴けるラジオ番組は、今や「福のラジオ」だけになってしまいました。

 

これからも、福山さんの面白さを引き出してもらうべく、いまなみさんにも頑張ってほしいですね。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください