無洗米って洗う洗わない?味の違いやデメリットとメリットはある?

無洗米って洗う洗わない?

http://news.livedoor.com/article/detail/15178540/

スーパーマーケットなどで販売しているお米で、近年、多く見かけるようになった「無洗米」。

米を炊く際に、必ずやる工程の「米を研ぐ」という作業をしなくてもよいという画期的なお米です。

無洗米が出始めた頃、「無洗米でも、気になるから洗ってから(研いでから)炊いている」という人が結構いたような気がします。

その理由として「実際に水につけてみたら水が白く濁ったので、気になったから、気になって研いだ」という理由。

確かにおいしくご飯を炊くためのコツとして「米を水に浸けても水が濁らなくなるまで米を洗って水を取り替える」という工程がありますので、無洗米を入れて水が濁ったのを見たら、不安になって研いでしまいますよね。

無洗米が出始めた頃はどこまで肌ヌカをとるかはメーカー任せになっていましたが、現在は日本精米工業会が定める無洗米の品質基準が作られたので、どのメーカーでも品質基準をクリアしているので、無洗米なのに研がずに炊いたらヌカ臭いという商品は販売されていません。

 

スポンサードリンク

 

無洗米と普通米の味の違いはある?

無洗米と普通の米で味の違いってあるのでしょうか?そもそも無洗米とは、普通の精白米とどう違うのか、説明してみましょう。

普通米(精白米)は、玄米を精米機にかけて表面の殻をとったものが精白米ですね。

この状態の米の表面には「肌ヌカ」という層が残ります。

肌ヌカは粘着性のある成分でチッソやリン酸、カリウムなどを含んでいる成分です。

これが残ったままの米を炊くと「ヌカ臭い」ご飯になってしまいます。

無洗米は、工場で精白米の肌ヌカを取り除いています。

その方法は、機械的に、はがし取ったり、タピオカを使い吸収させたり、わずかな水で洗って乾燥させるなどの方法があります。

そのため、一口に無洗米といっても、肌ヌカを取り除く方法が違う場合、味にも微妙に違いがあるため、無洗米によってもメーカーによって味が違うものです。

それでも、普通米と無洗米の味を比べた場合、「普通米の方がおいしい」という意見を持つ人が多い気がします。

無洗米の場合、肌ヌカを処理し乾燥させる工程があるため香りが飛んでしまっていると感じる人もいるようです。

また、肌ヌカがない分保存状態によって臭いが移りやすく、味が落ちやすいとも言われています。

そういった点以外に、無洗米が普通米に比べて味が落ちると言われてしまうのが、無洗米を普通米と同じように炊いている場合です。

普通米と無洗米を比べてみると「肌ヌカ」を除いている分、同じ計量カップで軽量すると、無洗米の方が米が多い計算になりますね。

それで、その米の重量に対する水加減で炊飯するとどうしても水が少なくなってしまい炊きあがりが固くなってしまいます。

また、米は水で研ぐ間も吸水していますので、無洗米はその分も少し水多めにしないといけません。

そして、浸水時間も、研ぐ作業をしていない分多めに水に浸けて米に吸水させるのが望ましいでしょう。

こういった工程を無視して、無洗米を普通米のように炊くと「無洗米、やっぱり不味い」という結果になってしまいがちですが、以上の点を踏まえて炊飯すれば、無洗米は普通米と同じくらいおいしく炊けるのです。

 

スポンサードリンク

 

無洗米のデメリットとメリットは?

デメリットとしては、まずは一つ、普通のお米より香りが少ないといわれています。

理由は肌ヌカを処理し乾燥させる工程があるからと言いますが、最近では肌ヌカ除去の技術が向上しているので、香りがそこなわれないようです。

もう一つのデメリットは、炊き方が難しい。

これも、最近では無洗米の計量カップであったり、無洗米用の水の目盛りがついている炊飯ジャーも多いですので、それを使用すれば問題ないです。

https://www.monotaro.com/p/2588/8564/

 

他には、昔は「無洗米=研がなくていい」ということで、無洗米ユーザーは味よりも手間を省くことを重視する人と判断されて、メーカーが、品質の悪いお米で無洗米商品として販売していた時代がありました。

今でもそういう考えのメーカーが無くはないということで、特別に安い無洗米は、いわゆるクズ米と呼ばれる粒の小さな米を使用しているものもあったりするので、気を付けて選ばなければいけません。

 

ですが、無洗米はメリットも多いです。

まずは、研がなくてよいので、炊飯にかかる時間や手間が少し省けること。研がなくていいので水の消費も抑えられます。

そして、5キロの普通米から肌ヌカを取り除いて無洗米にすると4.9キロくらいになるそうです。

ということは、5キロで販売されている普通米は、そのうち0.1キロは肌ヌカで、捨ててしまう部分なのです。

そう考えると、食べる量が0.1キロ多い無洗米5キロを買った方がお得ですよね。

手間が省けて、しかも食べるところが多いのですから、働く主婦のように時短したい、少しでもコストを省きたい人にはもってこいの食材と言えます。

 

スポンサードリンク

 


1 個のコメント

  • 僕の、知人の米販売店の方が言うには、無洗米は 古古米 とか 古古古古米 を、使用して居ると言って居りますが、本当はどうなって居るのですか?。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください